倒産した「憩いの家 かや沼」を早期に再開させてください

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


北海道東部観光の中心、釧路湿原国立公園の中にある温泉保養施設「憩いの家 かや沼」は、管理運営を委託されていた株式会社標茶町観光公社の破産にともない長期閉鎖となっています。「憩いの家 かや沼」は、大自然を満喫しながら豊富な湯量と泉質の良さを楽しむことができ、日本各地からのキャンパーや観光客、地元からも愛される施設でした。活気あるまちづくりをめざすためにも、観光資源として貴重な温泉施設です。どうか私たち「早期再開を求める町民の会」といっしょに、施設管理者である標茶町に対して、1日も早い営業再開を要望して頂きますようお願いします。