北海道大学: 北海道大学構内におけるレクリエーションエリア廃止の撤回 #北大ジンパ

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

渉 高橋
8 years ago
あの場所でたくさん素敵なことがありました。その貴重な思い出を作れる場所を今後の学生諸君から奪う権利が大学にあるとは知りませんでした。全く不可解です。

Thanks for adding your voice.

督 長野
8 years ago
この突然の決定には驚きました。確かに話し合いも何もなく一方的でした。
そして、リクリエーションの場は大事なコミュニケーションの場であったと思います。ジンパは禁止になっていない、じゃあ、ジンパをどこでやればいいかと言ったら、事実上、狭められ、狭められたあげくのあの場所の設立だったので、事実上ほとんどできなくなるでしょう。

しかし、学校側にたってみれば、アルコール禁止もそうでしたが、その裏には常に、何度言ってもマナーを守らない人の存在があるのだと思います。
撤回させるのはいいとして、これから学校側に「それみたことか」と言われないようにするためには、ひとりひとりの意識改革が必要で、それはどうするのかというのは頭が痛いところだと思います。

Thanks for adding your voice.

野澤(竹田) 努
8 years ago
みんな北大が好きなのだ。北大の中に「線」を引かないでほしい。

Thanks for adding your voice.

長谷 航
8 years ago
がんばってください!
すべてのジンパ区域確保は難しそうなので、一部のジンパ区域確保に賛成します

Thanks for adding your voice.

小田 芳正
8 years ago
まずは廃止を撤回して、ジンパの功罪や利害についての話し合いを持つことが必要です。詳しい事情がわからず、このくらいしか言えませんが、大学から教職員、学生までを含めた解決方法を模索していただきたいと思います。

Thanks for adding your voice.

岩本 健良
8 years ago
院生・教員として北大に大変お世話になりました。その時に経験したいい思い出の中でも、学内でのジンギスパンパーティーは、印象が強い、大切な親睦と学びの場でした。この良き伝統は、北大の無形の資産であり、北大のブランド力のベースにもなっています。学生院生と教職員による真摯で開かれた検討がなされることを、強く願っています。

Thanks for adding your voice.

石原 遼平
8 years ago
ジンパに参加する前に一方的に廃止されるなんて許せない!

Thanks for adding your voice.

酒寄 みさお
8 years ago
松本市旭3-1-1

Thanks for adding your voice.

中井 智大
8 years ago
学部4年生の者です。

みんなの憩いの場であるはずの「レクリエーションエリア」が、教員、学生の意見を聞かれることもなく、一方的に「廃止」とされてしまったことを、残念に思っています。現状の利用のされ方に問題があるなら、幅広く意見を募り、多くの人が納得できる妥当な解決を見つけていくべきではないでしょうか。

Thanks for adding your voice.

藤倉 善郎
8 years ago
 ジンパは過去、エリアが順次規制されてきたと記憶しています。ジンパにかぎらず、学祭での飲酒や夜間の施設使用への規制、カルト対策等を口実とした宗教・政治活動自体の禁止など、様々な形で大学は学生の自由を奪ってきました。
 その中には、後に撤回されたものもあると思いますが、学生側は、結果として有効な反発をしきれず規制を許してきた流れがあると思います。学生側の自己管理の甘さが、大学側の増長を誘発した面もあるのかもしれません。
 そういう積み重ねが今回のようなことにもつながっているのだから、北大OB(中退だけどね)として申し訳ないと思います。単なる懐古主義や「伝統が大事」という漠然とした感覚ではなく、学生の自由がどんどん失われている流れの一つであり、そこにはOB・OGの責任が小さくないという意識で、この問題を捉えたいです。
 たかがジンパで「自由」を語るのも何だかなあという気はしますが、その「たかがジンパ」すら自由にできないのでは末期的ですね。
 大学から自由が失われるというのは、規制されることに慣れたまま社会に巣立つ学生を量産し、他人を規制することにも違和感を感じないクソジジイを量産することにほかなりません。
 大学は管理の都合上あれこれ規制したがるもので、そういうことをしている連中こそ、自分が管理されることにも他人を管理することにも鈍感な、くだらない組織人間だと思います。
 そういう人たちは死んでも治らないので、問題はむしろ、学生側がどこまでしっかり「自由」を主張し、その際にどこまで「自由に伴う責任」を自覚して、管理者側と理性的な妥協点を見出すことができるか、という点だと思います。

 というわけでジンパ規制は対の運動を応援します。

 真面目な活動だけではなく、たとえばジンパ可能な場所でジンパしまくって観光客など一般市民を無料招待し、ジンパの楽しさをアピーするなど、お祭り的要素を加味した運動が起こるといいなあと思います。