このキャンペーンは終了しました
宛先: 厚生労働省

前立腺がん「検診無料クーポン」の実現を求める署名

現在、厚生労働省の方針「がん検診推進事業」として「子宮がん」「乳がん」「大腸がん」などは、「検診無料クーポン」により無料検診となっています。
女性特有の「子宮がん」「乳がん」が無料検診の対象となっているにもかかわらず、男性特有の「前立腺がん」は無料検診の対象となっていません。男性でいえば「肺がん」につぐ罹患率が「前立腺がん」となるそうです。

アメリカでは男性がかかる「がん」の第一位が「前立腺がん」であり、近年日本では食文化の欧米化に伴い急激に「前立腺がん」の患者数が増加しています。

1975年で約2400人だった患者数が2006年には2万3000人になっており、2020年には3倍の8万人になると予想されています。「前立腺がん」は初期には自覚症状が殆どないため、早期発見が難しく、死亡率・罹患率は増加傾向にあります。

近年増加している「前立腺がん」の「検診無料クーポン」を実現のため皆さんの声を集めています。集めた署名は厚生労働省へ届けます。

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 厚生労働省


    男性差別を許さない市民の会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では90名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:男性差別を許さない市民の会さんがあなたを信じています

    男性差別を許さない市民の会さんは「前立腺がん「検診無料クーポン」の実現を求める署名」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!男性差別を許さない市民の会さんと89人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。