前橋市の学校給食の米、野菜を有機無農薬農産物に段階的に切り替えよう!パンに使われる小麦も、群馬県産を中心とした国産を使用しよう!

前橋市の学校給食の米、野菜を有機無農薬農産物に段階的に切り替えよう!パンに使われる小麦も、群馬県産を中心とした国産を使用しよう!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:前橋の給食を考える会 宛先:山本龍殿 (前橋市長)

子どもは、これからの社会を担う主人公であり、地域の財産です。その心と身体の健 やかな成⻑のためには「安全な食べ物」が欠かせません。「学校給食」は三食のうちの 大切な一食であり、すべての子ども達にとって、成⻑や食育のためにとても重要なも のです。その点において、前橋市では、地元の農産品や、特別栽培米を給食に導入し ていること、うどんなどの麺類での群馬県産小⻨の使用など、子どもたちの健やかな 成⻑と、地元の活性化に向けて努力していただいていると感謝しています。

しかし、日本は OECD に加盟する 37 カ国の中で最も農薬使用量が多く、有機リン 系・ ネオニコチノイド系・グリホサートなど多くの農薬は、発がん性、発達障害を含 め脳神経系への影響、そして次世代への影響があることが研究で明らかになっています。疑わしいものは使わない「予防原則」を基本として、EU など世界各国ではこれ らの農薬の使用禁止や規制強化に動いています。それに対して、日本は基準値を緩和 しており、外国産小⻨を使った学校給食のパンからはグリホサートが検出されています。

このような状況の中で、農薬の影響を特に受けやすい子どもは、可能な限り摂取しな いことが重要です。前橋市で提供される給食で、特別栽培米から一歩すすめて、農薬 を使わずに栽培されたお米や野菜を使い、パンに使われる小⻨も外国産から国産(県 産)小⻨ に切り替えることで、農薬の影響を低減させることができます。

千葉県いす み市や愛媛県今治市などでは、食の安全や地産地消を目指して、有機米や有機野菜、 地元産小⻨を給食に使用し、食材費が上がった分は自治体が負担しています。お金が 地域で循環する仕組みにもなり、有機無農薬栽培をする農家が増え、誇りをもって持 続可能な農業に取り組むことにつながっています。なお農林水産省は、有機農産物を 学校給食に導入するための支援を始めています。

前橋市が食に関わる問題にさらに真摯に向き合い、子ども達がこれから将来にわたっ て 「安全な食べ物」を食べることができ、かつ地域が持続可能な農業に取り組むこ とができることを願い、次のことを求めます。

【要望内容】
1. 学校給食の米・野菜は、「有機無農薬農産物」(又はそれに準ずるもの) に段階的に切り替えること。


2. パンに使われる小⻨も、群馬県産を中心とした国産を使用すること。


3. 1.2.によって給食費が上がる場合は、その差額を前橋市が負担すること。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!