宛先: 担当検察官  と1人の別の宛先

前を全く見ずに運転し、横断歩道上の息子(9歳)をノンブレーキでひき殺した犯人に厳罰を強く求めます

0

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!

平成29年4月13日、16時20分頃、伊藤乃梧(9歳)は毎日のように放課後遊んでいる公園に向かう途中、幸手市上高野にある、幸手団地付近の信号機のない横断歩道で自転車にて横断中に、よそ見、漫然運転、スピード超過の車に轢き殺されました

横断歩道という聖域で事故にあったのに、ただの過失致死としてしか扱われません。

犯人は徐行、一時停止などの義務を怠り、前方を見ないまま制限速度をかなり超えていました。見通しの良い道路であるにも関わらず、ぶつかるまで気が付かなかったと証言しました。衝突後、息子の救護にはあたらず、謝罪もありません。

事故現場は生活道路であり、小学校への通学路にもなっています。団地からの往来もよくあり、小さいお子さんから年配の方もこの横断歩道をよく利用しています。犯人にとっても通勤に使う生活道路であり、仕事からの帰宅時におきた事故でした。

車は動く凶器です。前方を見ないで運転するなどあってはならないと思います。刃物をにぎり、前を見ず走って、人を刺し殺したら殺人なのに、車でひき殺しても殺人にはならないのでしょうか。こちらが気を付けて横断歩道を渡っていても、よそ見をされ、スピードを出し、車で突っ込んでこられたら、どこを横断すればよいのでしょうか。

息子を轢いたのに、その場でうろうろしているだけで、なぜ、救護をしてもらえなかったのでしょうか。こんな危険な運転をする人がいる限り、息子のような犠牲者はあとをたちません。

息子はとても愛らしく、賢く、元気な男の子でした。まだ9歳の子供でありながら葬儀には500人を超える友人たちが別れを惜しみ、たくさんの涙を流してくれました。息子はたくさんの人に愛されていました。しかし犯人は、事故後一度も謝罪してくれませんでした。病院に運ばれた息子が8日間生死の境をさまよいながら入院をしていた間、見舞いに訪れることも、電話や手紙での連絡も一切なく、通夜や告別式でさえ何の連絡もありませんでした。

そして告別式が終わり、その数日後のゴールデンウィークに、犯人が友人達とビール片手にバーベキューを楽しんでいた事をインターネット上で知り、私達家族は愕然としました。

かけがえのない息子の命を奪った直後に、謝罪することもないまま友人たちと笑顔で写真に写る犯人の姿を見た瞬間の衝撃は、この先一生消えることはありません。

私達はもう二度と息子と話をすることができません。息子を抱きしめることもできません。

家の階段をかけ下りてくる音が聞こえる気がして見ても、そこに息子の姿はありません。こんなに毎日がつらくなる生活があるなんて、息子を失い初めて知りました。文章では表せない強い憤りと深い悲しみに心痛がやむことはありません。

犯人の、たいへん身勝手で反省もない様子を目の当たりにした今、私たちは、犯人の行為の重大さを多くの人に伝え、知ってもらいたいと思っています。

横断歩道という、歩行者にとって安全が守られるべき場所での事故には、道路上の事故より厳罰に問うべきではないでしょうか。

二度とこのような悲しい事故が繰り返されないために、先例となるべく、犯人に対しての厳罰を強く求めます。

ご賛同いただける方はご署名をお願いいたします。

 

現在、幸手市内のスーパー等で署名活動を行っています!
お近くの方はぜひ、ネット署名では無く 用紙への自筆のご署名にご協力をお願いします。

署名集めにご協力下さる方も探しています…
郵送での用紙の送付等、下記までご相談いただけると嬉しいです。
daigo.itou04.09@gmail.com

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 担当検察官
  • 担当裁判官


    伊藤乃梧の両親 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では16,744名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:裕助さんがあなたを信じています

    和田 裕助さんは「前を全く見ずに運転し、横断歩道上の息子(9歳)をノンブレーキでひき殺した犯人に厳罰を強く求めます」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!裕助さんと16,743人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。