黙っていられない!コロナ禍の福祉職場を支え、職員を増やして賃金を上げてください

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


 新型コロナウイルスの感染拡大によって、この1年あまりで3度の緊急事態宣言が出されましたが、福祉職場では利用者の原則的な受け入れが求められ続けています。

 コロナ禍以前から、福祉職場では、全産業平均の7割程度という低い賃金水準と、現場実態に合わない低い職員配置による長時間・過密労働のため、慢性的な人手不足となっていました。そのもとでコロナ禍となり、感染予防のための消毒業務などによる労働強化と、3密が避けられずに高い感染リスクのなかで働き続ける緊張感が加わり、福祉職員の疲弊は深刻化しています。職員の増員と賃金の引き上げにむけた政策が求められていますが、抜本的な対策は打たれようとしていません。

 今、保育園や学童保育、児童養護施設、介護事業所、障害福祉事業所などの福祉職場を支える福祉職員は、社会生活を維持するうえで欠かせないエッセンシャルワーカーとして注目されています。その公共的な役割を発揮するためには、職員の大幅な増員で長時間・過密労働を解消し、賃金の引き上げで将来に展望を持ちながら働き続けられるようにすることが一刻も早く必要です。

 また、福祉職場では、クラスターが各地で頻発するなか、職員に対する検査体制の拡充が急がれています。

 その実現にむけて、以下の3点を求めます。

○いのちを守り暮らしを支える福祉職場に、専門性を持った常勤職員を大幅に増やしてください。

○働き続けられるように、危険手当を支給するとともに、賃金水準を引き上げてください。

○福祉職員に対するPCR検査などの検査体制を抜本的に拡充してください。

 実現にむけて多くの署名を集めるために、みなさんの賛同と拡散をよびかけます。さらにご協力いただける方は、#人を支える福祉労働を守れ のハッシュタグにご賛同をいただける理由やエピソードなどを添えた発信も、お願いします。みなさんの力が必要です。Twitterやfacebook、LINE、メールなどで広げてください。

 3月4日午後4時までに集まった第一次分1021の賛同名簿と43の賛同コメントを、3月5日に厚生労働省に提出しました。引き続き集め、5月27日(木)までに集まった分を5月31日に厚生労働省に提出する予定です。ぜひ、ご協力をお願いします。

※3度目の緊急事態宣言をうけて、提出予定日を明記するなど、若干の修正をおこないました。

 私たち福祉保育労(全国福祉保育労働組合)は、民間の社会福祉施設の職員で構成している労働組合です。3月5日の厚生労働省との交渉(陳情要請)で、ネット署名を提出するとともに、大幅な賃金の引き上げや職員の増員、福祉職員への定期的なPCR検査の実施などを求めました。しかし、厚生労働省の回答は、処遇改善については「数度にわたっておこなってきた」「4月の介護報酬・障害福祉サービス等報酬のプラス改定で処遇改善につながる」などとし、職員配置の改善については「基準を引き上げると人員確保ができなくなる可能性がある」などと、極めて不十分でした。
 また、厚生労働省が「新子育て安心プラン」で打ち出した保育園の各クラス1人以上の常勤保育士配置の緩和について、撤回を求めましたが、「箱(保育園)があっても常勤保育士が見つからず、空き定員・待機児童が発生している。短時間勤務の保育士にも働きやすい環境をつくっていく施策」との回答でした。

 みなさんの声をネット署名でもっと集めたいと考えています。ぜひ、みなさんのご賛同やTwitter、facebook、LINEなどでの拡散をお願いします。

 ≪以下、参考資料と現場の声です≫
◆厚生労働省・賃金構造基本統計調査
(実施2020年6月、発表2021年3月31日)
☆時間外手当等を含む毎月きまって支給する額(税・社会保険料等控除前)
全産業平均33万600円、保育士24万2700円、介護職員(医療・福祉施設等)24万7600円
☆年収換算(上記×12+年間賞与その他特別給与額)
全産業平均487万2900円、保育士363万3100円、介護職員(医療・福祉施設等)352万900円

◆認可保育所の保育士配置の最低基準
0歳:子ども3人に1人
1~2歳:子ども6人に1人 4~5歳:30人に1人 など

◆福祉職場で働くみんなの声
*アンケートなどで寄せられた声の一部(今後更新することがあります)

○20代・保育園・保育士
 持ち帰り仕事をするのが当たり前になっているが、やはり手当が支払われるべき。家で子どもを寝かせてからの仕事は負担になっている。人手があれば、勤務中に保育から離れて書類仕事を交代でできるようになる。長く勤められる職種にしてほしい。

○20代・保育園・保育士
 手取り13~14万円と低収入で、月々の生活費、支払い等で手元に残るお金があまりありません。貯金なんてできずボーナスを貯金にまわして手をつけないようにしている。専門職なのにこの給料は悲しくなる。

○20代・保育園・栄養士
 調理に時間が割かれ、栄養士業務(栄養計算・発注等)の時間を作るのが難しい。栄養士業務は1人で行っているため、その職員に何かあった時に今までの運営ができるか不安。賃金も安く、毎月の給与明細を見て悲しい気持ちになる。

○20代・児童養護施設・指導員
 労働に見合った賃金が支払われていない。多くの職員がおこなっている残業も暗黙の了解になっている。シフト勤務で疲労を感じている職員も多い。休日か賃金をきちんと保障してほしい。

○20代・学童保育・指導員
 人手不足の上にコロナの対応によって人手が必要になって困った。人がいないので、自分が休んだ時に残った人が困るのではと思い、思うように休めない。

○20代・障害福祉事業所(入所)・職員
 福祉は人を相手にしている労働でそれだけでも手一杯だが、どんどん役割・業務が増えている。そのことが利用者へ還元されることはわかるが、職員のメンタル・健康が削りとられていくなと感じる。

○30代・保育園・保育士
 子どもが保育園にいる時間が長くなっていて、保育士は時差勤務の体制で、子どもに対しての保育士の人数が足りないことをひしひしと感じる。コロナもあり、専門性の面でも、とても重要な職だと思うのに安い賃金で、時間的にも体力的にもきついこともあり、保育士が足りない。自分もいつまで続けられるかと思うことがよくある。

○30代・障害福祉事業所(入所)・職員
 コロナ禍でウイルスを持ち込まない、自身もかからないといった気持ちの中で働いていて、外出にも気をつかいながらで、今まで働いてきた。医療現場も本当に大変だと思うが、福祉や保育にも目を向けてほしい。特に障害者施設の利用者は高齢化もしている。

○40代・保育園・保育士
 緊急事態宣言が出ている中でも、医療機関で働く保護者を必死に命がけで支えてきた。国からは慰労金も出ず、やりがいのみでしかモチベーションを保てないのだと悲しくなった。コロナ禍で働く親を支える保育現場の年収が上がらないと、担い手はどんどん減っていく。

○40代・障害福祉事業所(通所)・職員
 福祉現場で働く人の正規雇用化と基本給の底上げが必要。残業を減らしたいが、実践の質との折り合いを考えると、人員不足解決は緊急な課題だ。

○40代・介護事業所・ケアマネジャー
 緊急事態でも休める仕事ではなく、強いストレスで疲弊している。もともと仕事量も多く、急な対応等もあり、残業も多い。労働時間が長いため、家のことがおろそかになってしまう。感染防止のため、出かけたりすることに仕事柄気をつけていて、リフレッシュが難しい。

○50代・保育園・保育士
 コロナ禍となって、これまで当たり前でやってきた行事、とりくみを見直していくための話し合いなどが大変になった。自分が感染するかもしれないという不安を持ちながら、自分の生活も律しながらの毎日になっていて、精神的にかなりきつい。人手不足もあり、日々の仕事が終わらない。

○50代・障害福祉事業所(入所)・職員
 とてもやりがいのある仕事だが、職員不足で体力の限界を感じている。利用者の高齢化に伴う担い手の不足、増えない人員で一人ひとりの労働負担が増すばかり。負担を減らすか賃金を増やすことを望む。

○60代・介護事業所(入所)・介護職
 高齢者の要介護度が上がり、ケアに取られる時間が多くなり、ゆったりとかかわることが難しくなっている。コロナ禍で仕事の負担が重くなった。

○60代・介護事業所(入所)・介護職
 正規職員が少ないため、入浴業務に入るとフロアで利用者のおやつやコール対応をする職員が2人だけの場合がある。朝の起床介助、朝食介助に、心身ともに疲れきってクタクタの状態。夜間や基本の職員配置基準を引き上げないと、利用者の安心・安全な生活も守れない。