横浜版 新型コロナウイルス感染症の影響による飲食店倒産防止の対策を求める署名をお願いします。

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!

内田 充昭
内田 充昭さんが賛同しました

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、全国に緊急自体宣言が発令されました。これに伴い、飲食店のみならず様々な店舗が厳しい状況に追い込まれています。

感染防止のためには、様々な制限が必要だという事は理解しており、テイクアウトをはじめても思うように来店を促すこともできません。いま、大変ありがたいことに国や自治体から様々な支援策が発表されていますが、先が見えないこの状況では、倒産に追い込まれる飲食店は少なくありません。

この状況下において、全国から飲食店、食文化を守る運動、活動が起きております。横浜からもその声を「国、行政、自治体」に対して発信しようと思います。

救済依頼内容は、店舗休業の状況でも払い続けなければならない固定費(家賃)のと雇用者給与の補助・助成です。

私たちNPO法人横浜ガストロノミ協議会は、横浜の料理人、パティシエ、ソムリエ、バーデンダーが集まるボランティア団体です。これまで、「子どもや大人の食育」や「食のイベント」「地産地消」を通して、横浜の食文化を守り、育てる活動してきました。いまこそ、皆さんの街の飲食店が無くならないよう、食文化の灯を絶やさないよう、国や自治体に、飲食業界の救済を求めたいと思います。

飲食店の皆さん、飲食店を利用する皆さん、この活動にご賛同頂き、署名をお願い致します。 全国で同様の署名活動が起きています。 

皆さんの力を国に届けましょう!よろしくお願いします。

発起人 NPO法人横浜ガストロノミ協議会

 

※ご注意ください!

このサイトでは署名のみを集めています。皆さんにシェアをして頂き、多くの署名を集めたいと思いますが、ご賛同の際に「キャンペーンを世の中に広めるためお手伝いをしませんか?」と寄付の案内が表示されます。これは発信者(NPO法人横浜ガストロノミ協議会)への寄付ではなく、「change.org」の保守管理、運営などに充てられるものです。