居住の選択の自由は避難者側にある!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


放射能汚染被害の救済は、自然災害による災害救助法では無理であることはこれまでの経験で明らかである。2012年6月に超党派による議員立法で成立した「原発事故子ども・被災者支援法」による本格的な制度を確立し、子どもや避難者などの弱者救済に本格的に取り組むべき時が来ている。ここで、改めて「居住・移動・帰還の選択は被災者自らの意思による」ことを確認しておく必要がある。



今日:仁さんがあなたを信じています

根本 仁さんは「内閣総理大臣: 居住の選択の自由は避難者の側にある!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!仁さんと182人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。