研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を

研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!

発信者:研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を求める会 研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を求める会 宛先:内閣総理大臣 安倍晋三(内閣総理大臣)

大学院生でありながら研究の最前線に立ち、新型コロナウイルスの研究を含む
様々な【未来】を作り出そうとしている若者達がいます。
しかし彼らは年間50万円以上になる授業料や、入学金に苦しんでいます。
彼らがたとえ質素でも、最低限安心して生活する為にみなさまのお力をお借りできませんか?

※ 数名の運営者を募集しています。
興味がある方はrockpointword-iiyo@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

※4 ハラスメント防止の観点から
「研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を 運営」
名義での活動となっています.
詳しくは※4をご覧下さい.

※ この署名は「国による一律学費半額と、大学などへの予算措置を求めます」の1ブランチとして活動しています。
よろしければそちらへの署名もよろしくお願い致します。
http://chng.it/cw72mNLqN4


院生が研究の最前線に立つのはどの大学でも同じですが、とりわけ研究者としての側面が強い学生達がいます。
それは「大学院大学」と呼ばれる機関に所属する学生達です。
(機関のリストは最下段です)
多くは5年一貫制課程に在籍しており、(一般的には)安全で高収入が見込める修士卒での就職活動は行わず、
博士課程まで進み世の中の為になる研究を行っています。

彼らは多くの場合、研究所より給料(TAなど名目は様々)を受け取っていて、その点は確かに日本の普通の大学よりも恵まれています。
しかし健康保険や雇用保険には加入が許可されず
例を挙げると遺伝学研究所で年間55万円などそれだけで生活できる金額ではありません。※3
https://www.soken.ac.jp/cms_upload/seimei_1.pdf
また学生数も通常の大学に比べ著しく少ないため、彼らの声が政治に届くことはありません。
一種のマイノリティとなっています。


彼らは研究のかたわら様々なアルバイトを行い生計を立てていますが、
新型コロナウイルス禍により職を失う学生が続出しています。

このままでは彼らの行っている様々な有益な研究がストップしています。
そしてその中には新型コロナウイルス対策に直接役立つ研究もあります。
それ以外にも未来の脅威を克服する様々な研究があります。


一般社会には知名度の低い大学院大学ですが、
機関の1つである沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、シュプリンガー・ネイチャー誌の大学ランキングでは
世界9位(質の高い論文の割合が高い研究機関ランキング)(東京大学は40位)にランクインしています。

ノーベル賞を受賞した大隅良典博士の受賞理由の研究の1/4は、
機関の1つである基礎生物学研究所で博士が行った仕事です。

博士1年目の院生が全国から選抜される奨学金(DC1)でも、
機関の1つである総合研究大学院大学は6/506=0.0119と高い合格率を誇っています(東大 197/20044=0.0098)


知名度が低い機関に在籍していて、
人数も少ないために様々なセーフティーネットから取り残されている彼らのために、
そして日本の未来のために、学費減免のご署名をお願いできないでしょうか?


署名の提出先は、
内閣総理大臣 安倍晋三様、文部科学大臣 萩生田光一様、財務大臣 麻生太郎様、国立大学協会会長 永田恭介様、並びに各機関の学長様を予定しています。


[機関リスト] ※1, 2
沖縄科学技術大学院大学(OIST)

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)

北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST)

総合研究大学院大学(以下は基盤機関)
国立民族学博物館
国際日本文化研究センター
国立歴史民俗博物館
国文学研究資料館
加速器研究施設・共通基盤研究施設
物質構造科学研究所
素粒子原子核研究所
分子科学研究所
国立天文台
核融合科学研究所
宇宙科学研究所
統計数理研究所
国立極地研究所
国立情報学研究所
国立遺伝学研究所
基礎生物学研究所
生理学研究所


※1 リスト以外にも大学院大学は存在していますが、当署名の運営が実態を把握している機関に限っています。
実態をご存知で対象リストへの追加を希望される方はrockpointword-iiyo@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。


※2 沖縄科学技術大学院大学は機関の中でも突出してRAの額が大きく、240万円(年額)+授業料がカバーされています。
その為に当署名の対象とするべきか議論はありますが、健康保険や雇用保険には加入できない為に当署名の対象となっています。


※3 当初、基礎生物学研究所と記載していましたがそれは誤りです。遺伝学研究所のRAの額が年55万円です。訂正致します。大変申し訳ありませんでした。


※4 複数の大学で署名の運営者に対するハラスメントが発生しています。
(退学をちらつかせた署名停止命令など)

大学院大学は学生数が少なく、
またその後の進路に直結する研究を行っている学生が殆どな為、
ハラスメント防止の観点から運営名義での活動となっています。

またこの措置はChange.orgの規定に則っています。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!