このキャンペーンは終了しました

安倍総理、2018年9月で総理大臣の席を次の人へ譲ってください。

1人の賛同者が集まりました


安倍総理、あなたは素晴らしい成果を残してくれました。

株価は大きく値上がりし、求人倍率も最高を記録しています。

あなたは、もう十分偉大な仕事を成し遂げてくれました。

どうか次の方へ総理大臣の席を譲ってください。

あなたは、これまで大きな成果を残してくれました。

ただ、これからの日本を導くリーダー像を考えるとき、あなたはふさわしくないと思えてなりません。

あなたは憲法改正をどうしても進めたいと聞きます。

私も憲法改正に対して反対をする気持ちはありません。

ただ、今の日本の優先課題といえるのでしょうか?

あなたは、先日の解散総選挙のとき国難という言葉を使われました。

私もその通り国難といえる状況にあると思います。

子供の貧困、若者の過労死、高い自殺率、教育格差、増え続ける待機児童など、解決しなくてはいけない社会課題が沢山あるからです。

しかし、あなたのこれまでの仕事を見ていると、私の考える国難と、あなたの考える国難は違うように思えてなりません。

あなたが総理大臣となって5年となります。

あなたはその間ずっと「経済第一」を掲げてきました。

5年経った今、何か成果となる法律や改革はあるのでしょうか?

あなたの成果は、安保法政やテロ特措法など、経済とは程遠く、私たちの望む優先課題からも遠いものと言わざるを得ないのではないでしょうか?

確かに、子供の貧困率は改善し、働き方改革も進んでいるようにも見えます。

ただ、保育園落ちたのブログや、大企業若手社員の過労死など、国民の声は今までになく高まっています。

そんな中、このような課題に取り組むのは当然であり、あなたの取り組みでは物足りないともいえるのではないでしょうか?

私たち国民がこれからの総理大臣に求めるものは、国難に対して心から危機感を持ち、最優先で取り組んでくれるリーダーです。

そして、それができるのはあなたではないのではないか?そう思ったことがこのキャンペーンをはじめた理由です。

どうかお願いです。2018年9月をもって、総理大臣の席を次の方へお譲りください。

 



今日:和哉さんがあなたを必要としています

岡田 和哉さんは「内閣総理大臣 安倍晋三: 安倍総理、2018年9月で総理大臣の席を次の人へ譲ってください。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!和哉さんと0人の賛同者と一緒に賛同しましょう。