命がけで他の乗客を守った男性に紅授褒章を

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


日本には、命懸けで他の方を救ったことに対する「紅授褒章(こうじゅほうしょう)」があるのをご存知でしょうか。

2018年6月9日夜、新横浜を出て小田原へ向かう新幹線の車内で、複数の刃物を持ち込んだ22歳の男が、無差別に近くの乗客を斬りつけるという事件が起きました。

同じ車内に居合わせ、女性が斬りつけられるのを見た梅田耕太郎さんは、勇敢にも、この女性を助けるため、犯人を羽交い締めにしました。

しかし犯人は、梅田さんを振り切り、今度は梅田さんを執拗にメッタ刺しにしました。最後には首を刺して致命傷を追わせ、この傷がもとで梅田さんは亡くなりました。

この事件に関し、フジTVが「梅田さんの行動は被害者を逆上させ、逆に被害を大きくしたとも考えられる」旨の、誠に心無い報道を行い、多くの批判がフジTVに殺到しています。

皆さん、せめて紅授褒章を梅田さんに贈るよう、安倍内閣総理大臣にお願いをしませんか?

先日、女性が車に押し込まれ連れ去られるのを多くの人が目撃していながら、誰も止めようとせず通報もせず、女性がそのまま殺害・遺棄されるという痛ましい事件も起きたばかりです。

見て見ぬフリが当たり前になりつつある寂しい世の中、梅田耕太郎さんは大事な何かを私達日本人に伝えて下さいました。

どうか梅田さんに紅授褒章を!ご署名後、どうぞお知り合いにも呼びかけて下さい。

 



今日:松芭さんがあなたを信じています

美沙 松芭さんは「内閣総理大臣 安倍晋三: 命がけで他の乗客を守った新幹線無差別殺人被害男性に紅授褒章を!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!松芭さんと18人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。