全員1年留年と教育費無償化

全員1年留年と教育費無償化

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:吉田 圭佑 宛先:内閣総理大臣 安倍晋三(内閣総理大臣)

 はじめに、今回の新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。また、医療関係者の方々や私達の生活維持のためにご尽力なさっている方々に深く感謝申し上げます。

 私は立命館大学の1年生です。先日、大阪市の高校生の方が本サイトにて始められた9月新学期開始の提案が世間でも大きな関心を集め、既に様々な議論がされています。私もキャンペーンに賛同し、支援して参りましたが、ニュースで問題点等を見て、少し不十分なのではないかと思い、この度提案させて頂く運びとなりました。

 まず私の主張を説明します。全員1年留年というのは、小学校1年生から大学4年生までが来年度も同じ学年からスタートするという事です。確かに、幼稚園から小学校への入学があるので来年度の小学1年生は倍くらいの数になってしまいます。また、例外的に大学受験は浪人生のための入試だけは実施するべきです。しかし、先日決定された全国高校総体のような学生のスポーツ大会なども1年延期という方向で再検討できます。1年留年は各家庭大変な経済負担を強いられるため、教育費を全額国が賄って頂く事が不可欠です。大胆な意見なのは重々承知していますが、それ以上に利点があると信じています。

 新型コロナウイルスによる休校で、私は教育はどうあるべきかを考えてきました。果たして教育は、授業によって教科の知識をつけるのが全てでしょうか。私が思うに、それはほんの一部に過ぎません。一番大切なのは学力ではなく、人間性です。オンライン授業で学習をサポートすることは勿論良い事ですし、引き続き推進するべきだと思います。しかし、オンライン授業を受けたら卒業できるのであれば、それは学校の存在意義そのものを否定することになります。有事だからといって教育をいい加減に済ませるのは学生の権利の冒涜ではないでしょうか。人として最も大切な人間性は、学校で過ごす中で友達や先生と直接関わったり、或いは部活動で仲間と切磋琢磨し合ったりして初めて培えるものだと思います。部活動に言及すると、私自身、昨年まで高校球児として自分の人生のかけがえのない時間を過ごしました。夏の大会が開催できるか後輩たちは不安を抱えています。部活に励む中高生にとって最後の大会は大きく成長できる舞台です。そういった成長の機会を我々学生が失わないように取り計らって頂きたいです。

 教育費無償化が決して簡単な話でないことは無論承知しています。不況下で経営困難や失業に苦しむ方々の経済的支援が必要です。だからこの機会に日本もフィンランドなどの北欧諸国に倣い、高福祉・高負担の税制に切り替えてみてはどうでしょうか。生活必需品を軽減税率の対象にすれば増税しても問題ありません。

こんな今だからこそ、日本は変わる時です。何卒、柔軟にご検討いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!