コロナ蔓延の中、働く妊婦に出勤規制と賃金補償を

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


現在、妊娠中期の働く妊婦です。未来ある子どもたちを妊娠している働く妊婦の自宅待機命令と自宅待機中の賃金補償を希望致します。

胎児機能不全、催奇形性は報告されていないとの日本産婦人科学会の表明がありますが、100%安全かどうか分からない、常に未知のウイルスの驚異にさらされながら満員電車で出勤しなければならない、病院や福祉施設、店舗での接客などテレワークもできず出勤をしてウイルスの恐怖と戦っている働く妊婦は大勢いると思います。

産休前に自己都合の休職は賃金が出ない。生まれてくる子どもの安全を考えれば、それでもよいと退職する方もいるでしょう。

ただし、すべての働く妊婦が生活にゆとりがあるわけではないと思います。仕事を辞めれば生活ができない方も中には居るでしょう。

そこで、未来ある子ども達を妊娠している働く妊婦に自宅待機命令、働けなくなった分の賃金の補償を要求致します。

私たち妊婦は薬を飲めません。胎児を免疫で攻撃しないように非妊娠時よりも免疫が下がり、感染しやすい状況です。このような状況で母体へもコロナウイルスが驚異となります。

もう一度言いますが、お腹の中の子どもへどんな影響があるのか未知なのです。妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期問わず胎児にどんな影響があるか分からない。

直接的であれ間接的であれコロナ感染後に流産してしまい、また子どもができるのかだって絶対とは言えない。長い不妊治療の末に妊娠している方もいるでしょう。 

このようなお願いをして、やはり妊婦様と言われてしまうのでしょうか。政府に無視され、おいてけぼりにされ、危険にさらされている私たち働く妊婦を守ってください。

改めまして、内閣総理大臣安部晋三様、妊婦の自宅待機命令をすべての企業、病院、福祉施設に出してください。経済産業省大臣様、自宅待機命令が出た働く妊婦への賃金補償をどうかお願い致します。