この期に及んでまだ緊縮財政?国民を見殺しにする気? 早急に給付金支給とその継続。そして消費税率0%へ!

この期に及んでまだ緊縮財政?国民を見殺しにする気? 早急に給付金支給とその継続。そして消費税率0%へ!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:田中義人 タナカ ヨシヒト 宛先:内閣総理大臣 安倍晋三(内閣総理大臣)

コロナウイルスに対する感染拡大防止に対する対応はもちろん、経済対策が重要です。このままでは、コロナウイルスを因とした死者よりも、経済困窮での死者が増えるでしょう。

個人や中小企業への給付金などは、スピード感を持って早急に行って頂きたい!財務省はこの期に及んでも、まだ緊縮財政路線を継続しています。

そして、低所得者ほど恩恵を受ける消費税減税が必要です!
昨年11月に行われた消費増税は、コロナショック以前に大きな経済的打撃を与えています。2019年10−12月期のGDPは年率換算で−7.1%、1−3月期は−10%代になるだろろうと見られています。
リーマンショック級の恐慌が来るなら、増税は見送ると言っていた安倍政権。コロナショックはそれ以上のインパクトを持って、全世界恐慌の様相です。今こそ、国内景気対策として、コロナウイルスショックが解消するまで、若しくはインフレ率2%達成まで「消費税0%」として、GDP比10%にあたる年間60兆円の経済対策を行なうべきです。
今、声を上げずにいつ上げるのでしょうか?
皆さんのご協力をお願いします!!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!