コロナウィルスから日本を守る為、中国全土からの渡航者の入国禁止措置を求めよう!!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


新型コロナウイルスの感染が広がっている。今現在2月14日の時点では、世界の感染者数は6万4000人を超え、死者は1300人を上回った。https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

 


今現在も、猛威を奮うコロナウィルスの感染力は発祥地である中国武漢だけに留まらず、中国70都市“封鎖”1億6千万人が事実上“幽閉状態”となっています。

しかし湖北省以外は、閉鎖都市と言えども空港は閉鎖されていない現状です。

そんな中、今も中国から日本へ1日100便以上の飛行機が毎日飛んでいるのです。


中国本土以外の感染者数が増え続けています。

2020年2月13日20:03 現在

新型コロナウイルス感染国 

 


1、中国(感染59,901、死者1,368)

2、日本(感染249、死者1)

3、シンガポール(感染58、死者0)

4、タイ(感染33、死者0)

5、韓国(感染28、死者0)

6、マレーシア(感染19、死者0)

7、ベトナム(感染16、死者0)

同列7、ドイツ(感染16、死者0)

 

米国では1/31の時点で厚労長官が中国からの渡航者を入国禁止。

豪州政府は中国全土からの入国禁止をさらに1週間延長し毎週見直していくことを決め、近隣のアジア諸国、フィリピン、ロシア、台湾、香港、北朝鮮など、全世界的にも歴史的緊急事態として相当な危機感を高め、全面入国禁止としています。

現時点での新型肺炎の感染者数は、中国を除けば、日本が45人でダントツの一位。二位はシンガポールで28人とかなり差が広がっています。しかし日本政府は未だに、湖北省以外の中国からの渡航者を簡単な検疫のみで入国を許可しています。その影響か、日本にも感染者が増え、残念ながら死者も出てきてしまいました。

海外では、中国に次いで2番目の感染者数の国と言われ、日本からの渡航者を規制しようという動きまであるのです。(台湾の学校は2月14日現在日本への修学旅行を停止と表明。)

中国全土から中国人を入国禁止にしなければ日本が第2の中国になるかもしれない危機感をしっかり持ち国民を守る為に早急に決断して欲しいです!!!!

目先の経済を優先し後に取り返しのつかない事になってからでは遅いのです。

中国の大都市が次々に封鎖されていても、疫病を食い止める最善の策は、「感染源の遮断」だと思います。日本でパンデミックを引き起こさないためにも、日本政府には中国全土からの入国禁止に直ちに踏み切っていただきたいと思います。

 

今回の新型コロナは飛沫感染、致死率低、未発症での感染力。未発症でも感染力があり、発熱が無くてもの亡くなる人がいるそうです。新型コロナウイルスはインフルエンザ程度の感染力ということで、日本政府は軽視してるように感じます。高齢者や基礎疾患を持つ人は重篤な肺炎まで進むことがわかっています。インフルエンザはワクチンがありますし、未発症ならほぼ感染源になりません。新型コロナウイルスは潜伏期間でも伝染し、また肺炎が治っても後遺症で呼吸が不自由になるなど、悪質性の高い、まだ未知のウイルスとも言われています。

そして未発症軽症でも感染することを踏まえ、日本を守るしっかりとした対策を早急にして頂きたいです。従来のコロナウイルス対策で事足りると考えていてはとても危険なのです。とうとう日本は危険な新局面に立たされています。今からでも遅くはありません!!!安倍政権が頑なに拒否する中国からの全面入国禁止に!!!直ちに全面禁止措置を!!!日本政府に直接訴えかけていきましょう!!!!この危機を日本国民ひとりひとりが力をあわせて乗り越えていきましょう!!!!

韓国では中国人の入国禁止を呼びかける嘆願書に54万以上の署名が集まったそうです。日本国民も今こそ立ち上がりできることから大きな力へ。まずは署名からよろしくお願いします!!!!



今日:健一さんがあなたを必要としています

中川 健一さんは「内閣総理大臣官邸(安倍晋三首相) fax 03-3581-3883 メールアドレス www​.​kantei​.​go​.​jp/ 住所 〒100-0014 東京都千代田区永田町 2-3-: コロナウィルスから日本を守る為、中国全土からの渡航者の入国禁止措置を求めよう!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!健一さんと128人の賛同者と一緒に賛同しましょう。