新型コロナウィルス感染拡大防止の為のまつ毛エクステサロン【休業保証】または経済援助要請の請願

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 

令和2年4月10日新型コロナウイルス感染緊急事態宣言が発令され感染拡大防止の為に国は【コロナウィルス感染拡大の為の休業要請】が発表されました。

理美容院の営業に関しては【健全な生活をする為に必要】と休業要請から外れました。その為、自粛、休業をしたとしても【休業保証外】にあたる事から休業保証請求が出来る対象外にあたります。日頃から、保健所の定める衛生管理の中健全に営業をしていますが、目元を触り施術を行う為に多くの【まつ毛エクステサロン】はお客様への感染はもちろん、雇用する従業員を守る為に、コロナウィルス感染拡大を防止する為に自主的に【休業】する事を選びざるおえない中で、緊急事態宣言での理美容院の【休業要請】に当たらない事で国からの休業保証が受けれない事は、倒産する店舗(サロン)が多く出てくることが予測されます。

また美容産業の中でもまつ毛エクステと言う職業は新しい産業であり【まつ毛エクステサロン】で働く大半が女性であり、子育てをしながら働く女性が多くいるのが現実です。働く女性の新しい経済を担う美容業界です。

国や自治体に、まつ毛エクステサロンの救済の声を上げたいと考えています。それには皆さんの声やご協力が必要になります。

救済依頼内容は、売上減少や店舗休業の状況でも払い続けなければならない固定費(家賃)と雇用者給与の補助または休業要請にあたる保証です。

まつ毛エクステ従事者、経営者はもちろん、まつ毛美容を愛して下さる日本中の女性の皆様方、ご家族の皆様からも多くの賛同を頂き署名を集め、自治体を動かすことに力を貸してください。

今後、正式な請願に向けて調整を進める中で、こちらの内容に追加修正を加える可能性もあります。迅速に進めなければ手遅れになる状況のため、まずは第一弾として、発信させていただく次第です。ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

発起人
株式会社MIUSLASH JAPAN

一般社団法人国際アイスタイリスト協会