東京オリンピックの開会式で故西城秀樹の歌と3D映像を/The show of Hideki Saijo on the OP ceremony of Tokyo Olympics

0 have signed. Let’s get to 200!


【皆様へのお知らせとお願い】日本人の方々で署名活動を不安に思う方がたくさんいらっしゃいます。それは署名の際、Eメールや所在地など書く場合もあり、そういった個人情報が盗まれたり見られたりするのではないかと思われている方が多くいらっしゃいます。でもこのChange.orgはアメリカで最大の署名サイトで長い間多くの人々が利用してきました。ここから勝利した署名は数え切れません。例を言いますと、以前日本の捕鯨にストップがかけられたのは、ここからの署名が捕鯨委員会に送られたからです。またアメリカのリングリングサーカスの象を解放したのも皆の署名の力でした。あなたの個人情報は決して漏れません。ヒデキさんはやり残した事をたくさん抱えながら無念にも亡くなられたと思います。どうか故西城秀樹さんを東京オリンピックにで歌わせてあげましょう! きっとヒデキさんも満足し安心して笑顔で天国に行くことが出来ると思います。ヒデキ感激! とか言いながら(⌒▽⌒)/

 

 ☆西城秀樹は東京オリンピック2020でYMCAを歌うことが夢だった☆

西城秀樹は大阪球場で日本初のスタジアムコンサートを開き、その後ソウルオリンピックの前夜祭では趙容弼(チョー ヨンピル)などと共演、1983年には大阪球場で10回目の「BIG GAME '83 HIDEKI FINAL IN STADIUM」で全力で歌いきった。球場のハーフタイムショーやミュージカル、ドラマ、映画、海外アーチストとのコラボ、CM、ライブなど時には倒れてしまう程、力一杯努めて来た。

しかし2度の脳梗塞で長い間後遺症と戦うためにリハビリテーションを続けていた。晩年、もういちど思いっきり歌いたいと1日3時間の過酷なリハビリを続けたが回復せず突然の心不全で入院しそのまま帰らぬ人となってしまった。

彼は東京オリンピック2020でヤングマンを歌うのが夢だと語っていたそうだ。会場と一体になってYMCAのアクションをしたかったのだろう。彼の頭の中ではオリンピック会場いっぱいの多国籍の観衆と一体になって歌っている自分を想像して高揚していたに違いない。その為に毎日リハビリに励んでいたのかも知れない。結局それは叶わぬ夢で終ってしまったが、私達はその夢を叶えてあげたい。

昭和からずっと人々に幸せと力と勇気を与えて来た西城秀樹。その人柄は信じられないほど純粋で曇りがなく透明な人だった。芸能人だから自分は特別な存在だと威張らず、一般人と自分の間に境界線を作らなかった。芸能人もサラリーマンも職種が違うだけで、他に何の変わりもないのだと、だから誰と会っても素直なありのままの西城秀樹でいた。そんな西城秀樹だから歌は彼の人生全てであり、たとえ体調が悪くても歌いたい気持ちは西城秀樹そのものなのだ。

東京オリンピックで歌いたかったという願いが叶わず、逝かざるを得ないその無念な気持ちが今ファンの心に届き始めたのだと思う。どうか歌に捧げた人生と人々にたくさんの喜びを与えてくれた西城秀樹を讃えて、彼の夢を実現させてあげて下さい。西城秀樹の最後のコンサート東京オリンピック2020。唯一世界と肩を並べることの出来る日本のスーパースター西城秀樹を世界中の視線の中で映像と曲で彼の夢を叶えてあげて下さい。お願いします。

西城秀樹ファン 代表 ケイコ・T オールズ

 

Japanese singer-actor Hideki Saijo passed away in a hospital in Yokohama,

His dream was to sing at the Tokyo Olympic Games

Japan on May 16 at 11.53pm. The cause of death was acute heart failure. He was 63. According to his agency, the singer was hospitalised on April 25 after he fell unconscious when he was in the company of his family members. The J-pop icon, whose birth name is Tatsuo Kimoto, was born in Hiroshima, Japan on April 13, 1955.

He made his debut in 1972 when he was 16 and became a pin-up star in Japan and most of Asia with the hit Young Man, the Japanese version of Village People’s 1978 disco song Y.M.C.A. Unlike the original camp version, the Japanese hit was actually intended to inspire young men. Another of his popular cover song was Spanish singer Enrique Iglesias’ 1999 Latin dance pop hit Bailamos (Let’s Dance).

Together with fellow Japanese singers Hiromi Go and Goro Noguchi, Saijo was dubbed Shin Gosanke (The New Select Three). Saijo was close friends to Asia’s biggest stars such as Leslie Cheung and Anita Mui, both of whom died in 2003.

Apart from a successful singing career, Saijo also dabbled in acting starring in films like Ai To Makoto (Love And Sincerity) and dramas like Terauchi Kantaro Ikka (Triple Generation Family), and took part in various television shows ranging from gardening to cooking.

He was a regular gym-goer and enjoyed saunas and led an active lifestyle. Unfortunately, his health took a turn for the worse after he suffered two brain strokes, first in June 2003 when he was 48, and the second stroke hit eight years later in December 2011.

His speech was slurred and the right side of his body was paralysed, but he continued to work hard on rehabilitation and continued to perform on stage. Last year, he released a DVD and staged his Hideki Saijo 45th Anniversary Concert 2016 with shows in Osaka, Tokyo and Kanagawa to commemorate his years in showbiz.

He got married to Miki Makihara in 2001, and they have one daughter and two sons. 

Providing materials at https://www.star2.com/entertainment/2018/05/18/j-pop-superstar-hideki-saijo-dies-aged-63/#mFbzPp3vo3VoSZ4v.99

Keiko Olds

 



Today: Keiko is counting on you

Keiko Olds needs your help with “内閣官房 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室: 東京五輪 2020の開会式で故西城秀樹の歌と映像を。The song of Hideki Saijo the OP ceremony of Tokyo Olympics 2020”. Join Keiko and 168 supporters today.