【緊急署名】5/20迄!夏の甲子園開催を!5/15中止で検討されていると報じられました。是非とも開催を!共感いただける方全員に賛同署名を協力をお願いします。

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!


夏の甲子園。全国高等学校野球選手権大会の開催が中止の方向性で検討されていると15日に報じられました。コロナウィルスの影響に伴い、2020年5月20日に開催の是非について日本高等学校野球連盟の方で協議され決定されます。

もし、中止となれば、戦後初。予選から臨む高校球児達の総数は143867人(令和元年高野連調べ)います。高校球児にとっては出場するもしないも、挑戦することすらも許されず、かけがえのない思い出自体が無くなることになります。

しかも、選抜高校野球大会も中止となり、春季地区大会も中止。高校三年生にとっては、何一つチャレンジする機会すら奪われる学生時代になってしまいます。

様々な問題はあることは理解します。そして、野球だけではないとも思います。けれど、今後世界はワクチンができ、安心して生活ができるまで、コロナウィルスと共存しながら生活をしていかなければなりません。感染者数の減少傾向、対策を施した形での経済再開、学校開催への動きがある中、大会自体の中止はあまりにも残酷です。

感染のリスクを最大限に減らし、関係各所と連携し、スケジュール調整を最大限に考慮することで、開催することを渇望します。そして、多くのスポーツが少しずつでも活動できるきっかけになることも切に願います。

子供達の二度と帰ってくることのない学生時代の挑戦を奪う権利は誰にもないと思います。

私は現在、アスリートを目指す、中学生の子供達をトレーニングでサポートする会社を運営しています。彼ら達は純粋で、真っ直ぐで、将来を夢見て、一生懸命練習に取組んでいます。学生なので、学業が優先であることは理解します。しかし、部活動を通じて、目標への執着心。その過程で学ぶチームワークや葛藤。これ自体が最高の教育になるのではないでしょうか。

日本高等学校野球連盟様、並びに主催者である朝日新聞社様に素晴らしいご判断いただけることを切に願います。そして、その英断が多くのスポーツのきっかけになることを期待します。


5月20日が決定日となります。数日となりますが、
賛同いただける方の全ての署名をお願いします。


<要望書全文>

日本高等野球野球連盟さま、朝日新聞社様へ


 5月15日、夏の甲子園。全国高等学校野球選手権大会が中止となる方向で検討されていると報じられました。

もし、中止となれば、戦後初。予選から臨む高校球児達の総数は143867人(令和元年高野連調べ)います。高校球児にとっては出場するもしないも、挑戦することすらも許されず、かけがえのない思い出自体が無くなることになります。

しかも、選抜高校野球大会も中止となり、春季地区大会も中止。高校三年生にとっては、何一つチャレンジする機会すら奪われる学生時代になってしまいます。

様々な問題はあることは理解します。そして、野球だけではないとも思います。けれど、今後世界はワクチンができ、安心して生活ができるまで、コロナウィルスと共存しながら生活をしていかなければなりません。感染者数の減少傾向、対策を施した形での経済再開、学校開催への動きがある中、大会自体の中止はあまりにも残酷です。

感染のリスクを最大限に減らし、関係各所と連携し、スケジュール調整を最大限に考慮することで、開催することを渇望します。そして、多くのスポーツが少しずつでも活動できるきっかけになることも切に願います。

子供達の二度と帰ってくることのない、学生時代の挑戦を奪う権利は誰にもないと思います。

私は現在、アスリートを目指す、中学生の子供達をトレーニングでサポートする会社を運営しています。彼ら達は純粋で、真っ直ぐで、甲子園を夢見て、一生懸命練習に取組んでいます。学生なので、学業が優先であることは理解します。しかし、部活動を通じて、目標への執着心。その過程で学ぶチームワークや葛藤。これ自体が最高の教育になるのではないでしょうか。

日程の変更。対策の強化。無観客試合の検討。移動時のリスク回避などを吟味し、

スポーツに関わる人間として、子供を育てる親として、以下の結果となることを強く求めます。

 

・全国高等学校野球選手権大会の開催。すなわち夏の大甲子園の開催。

 

 

2020年5月15日

(株)Athlete Works 徳丸博之