夏の甲子園高校野球を秋開催に!殺人的な暑さの中で戦う意味がどこにあるのか?

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


  1. 殺人的な猛暑のもと行われる”全国高等学校野球選手権大会”、いわゆる<夏の甲子園大会>は選手の安全が確保出来る時期に開催すべき。
  2. 殺人的な猛暑のもと行われる”全国高等学校野球選手権大会”、選手の負担はもちろんの事、応援団、吹奏楽部、保護者、その他関係者すべての命を危険にさらしている。
  3. 環境省により発表される“暑さ指数”(WBGT)31℃の危険レベルではどのような場合でも試合を中止すること。
  4. 近年の気温の上昇に基づいた適切な運営、選手の安全の確保がひいては日本の野球界の発展につながることを理解せよ。


今日:野球を愛する母の会さんがあなたを信じています

野球を愛する母の会さんは「公益財団法人日本高等学校野球連盟: 夏の甲子園高校野球を秋開催に!殺人的な暑さの中で戦う意味がどこにあるのか?」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!野球を愛する母の会さんと48人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。