保育業界の負担を減らすために保護者のテレワークと休業補償を進めてください

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


ご挨拶

私は、児童・生徒暴力からの被害者の会 代表の田中です。先日は、共同代表の久保田が、change.orgさんに「暴力を受けても救急車も呼べない教育・児童福祉関係者の現状を変えたい(https://www.change.org/p/文部科学省-厚生労働省-暴力を受けても救急車も呼べない教育-児童福祉関係者の現状を変えたい?source_location=discover_feed)」という内容の署名活動でお世話になりました。今回は私の方から失礼致します。私は、教師支援の分野で独立を目指す者です。「支える人の健康が一番大切である。」私の思いは、それに尽きます。今回は、保育業界(特に保育園)の職員の方々の負担軽減のお役に立てないかと思い、筆を執らせていただきます。

背景

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行を受け、2月27日、安倍首相は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国すべての小中高校と特別支援学校について、3月2日から春休みに入るまで、臨時休校とするように要請しました。法的な根拠はないですが、感染者の増加を踏まえ、要請に踏み切りました。

それを受け、多くの学校が休校という選択をし、東京都は学校再開をGW明けとするという方針を発表しています。その一方で、TwitterなどのSNSで「保育園 コロナ」と調べると悲痛なツイートなどが散見されます。実際、神戸市の保育園ではクラスター感染などが発生しており、保育園に通う子どもたちの発達段階を考えても、衛生観念は高いとは言えず、保育業界は一番対策が急がれる業界であると考える次第です。

 

現状

 学校を休校にして感染を収束できればいいですが、上述のように保育園でのクラスター感染が発生しております。そうでなくても、保育業界は年度末年度初めの一番忙しい時期であります。その時期に、保育士の方々は、自身も感染症との恐怖と闘い、子どもを感染症から守りながら、過ごしておられます。

 保育士として働く私の友人は

「政府から出勤人数を減らすように言われ、土曜日出勤のところが休みになっている。でも、仕事が終わらずに困っている」

と途方に暮れていました。出勤日を減らされ、その中で、自分を守り、子どもを守りながら、膨大な業務をこなしているということです。

厚労省は、27日に、保育園と共働きやひとり親家庭の小学生を放課後に預かる放課後児童クラブ(学童保育)について原則として引き続き開所してもらうよう、都道府県や指定都市に通知しています。保育園は、その存在のおかげで保護者が働きに出かけられる多雪な社会の基盤です。経済・社会を本当に根底で支える人たちは、保育士の方々と言っても過言ではないでしょう。でも、その方たちが安心して働ける環境は現在整っていません。

 いきなりの閉所・閉園は難しくとも、社会に向けたテレワーク推進や拡充を行うことで、家庭に子どもが戻り、その負担が減らすことができれば、一人でも職員の手を開けることができれば、保育園の運営の滞りを解消することができるでしょう。

 さらに、保育園を閉所・閉園するときの休業補償をしなければ、事業者もその判断をすることが難しいでしょう。こちらも併せて、必要な政策に盛り込まれるべきであると考えます。

私は「児童・生徒暴力からの被害者の会」という、子どもに関わる大人の安全を守るための団体をしています。子どもを支える人の健康が一番大切。私の思いは、これに尽きます。保育業界の保育士などの方々の負担軽減がされるようお願いします。

 

請願内容

 「保育業界の負担軽減に向けた保護者のテレワーク等推進と休業保障の検討」を厚生労働省の加藤勝信大臣に請願したいと考えるものです。