Petition Closed
Petitioning 神戸市動物管理センター

保健所で高齢や障害で殺処分対象の犬猫でも引き取り希望者があれば生きるチャンスを。

~神戸動物管理センター殺処分予定の老犬130507-01~

This petition is requesting your support to change the "sick"animal policy of the animal shelter in KOBE City in JAPAN.

In a recent case the shelter refused to release a dog to a willing and kind foster family even though the dog was only suffering a common tumor that could have been easily treated.

The dog has since died, which is a tragic waste.

Please show your support for a change to this policy so that whether young, old or sick as many lives as possible can be saved from the gas chamber.


写真に映っている老犬は、神戸動物管理センターにより殺処分される予定でした。

その犬を看取る覚悟で引き取りたいという市民が現れました。

しかし神戸動物管理センターは「飼い主以外には渡せない。公示期間が切れて飼い主が現れなくてもこの犬は衰弱しているので譲渡は出来ない。殺処分する」

という一点張りで、環境省の「処分を減らす努力を」という通達を無視し、里親希望の市民の願いを聞き入れようとしませんでした。

その方は、この犬が殺処分されると聞いて涙をのんでナナちゃん(七色の虹の橋を渡って天国にいけますように)と名づけました。

そしてナナちゃんはひとりぼっちのままで、センターで死んでしまいました。

以下、市民のブログからの引用です。

*****

「ふと、センター収容情報を見ていたら偶然こんな子を見つけた。
見るからに高齢で、何らかの疾患がありそうな子。
思わず電話をかけて、様子を聞いてみた。

職員『かなり状態も悪いです。あまり長くはない』との話だった。
私『飼い主ではありませんが、この子を最後まで面倒を見たい。
もしも、飼い主が現れず処分が決定したら引き取らせていただけませんか?』

職員『飼い主でなければ無理です。たとえ処分が決定しても。
それにこんな病気で命短い子引き取ってどうするんですか?』

この子の為に頑張りましたが、明日5月14日。この子は神戸市に殺されます。
病気であっても、それを理由に生きるチャンスを奪いたくない。
どんな状態でも平等にチャンスをあげたかった。

この子は長い間町を彷徨っていたそうです。きっと、一人で寂しかったね。
どれほど心細かったのか。保護されたときは力なく溝にうずくまっていたそうです。

どうして、神戸市は努力を怠るのですか?」

*****

「飼い主が現れなければ、健康で性格の良い犬でも殺処分する」というセンターは各地に存在し、

私達の税金でこのような事が行われている事に多くの国民が心を痛めています。

(殺処分のほとんどは二酸化炭素による窒息死です。)

声を上げて、神戸動物管理センターの改善を求めましょう。
賛同とシェア、宜しくお願いいたします。





<参考資料>

http://www.youtube.com/watch?v=vWDCbMFtdQE
http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1727477.html
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pNAAUNPZ8p8
神戸市動物管理センターへ殺処分についての問い合わせ ~神戸市動物管理センターは「譲渡希望者」がいるにも関らず譲渡せずに殺処分を繰り返している異常な実態~ www.youtube.com神戸市は、抑留期限内に保護した動物の飼育主が

This petition was delivered to:
  • 神戸市動物管理センター


    Rie Tsukimochi started this petition with a single signature, and now has 10,086 supporters. Start a petition today to change something you care about.