唐津市七ツ釜沖の洋上風力発電の 世界的規模の開発計画に反対します!サーフィンの聖地を守りたい

唐津市七ツ釜沖の洋上風力発電の 世界的規模の開発計画に反対します!サーフィンの聖地を守りたい

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!
2,500 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!

発信者:唐津、玄海の海の未来を考える会 宛先:山口よしのり (佐賀県知事)

現在、佐賀県では唐津市七ツ釜沖の海上に、固定式洋上風力発電所の建設を計画しています。これが実施されると唐津市が誇る「七ツ釜」とその周辺の海の景観が一変します。

風力発電の巨大な風車数十機が海上に現れることは、長年培ってこられた地元の景観を失うことと、海岸に打ち寄せる波に変化を及ぼします。

佐賀県唐津市には、九州サーフィン発祥の地と言われる湊町の「立神サーフポイント」をはじめとした、サーフィンの名所があります。第二次世界大戦後、米軍兵が立神にサーフボードを持ち込み、サーフィンを始めたのがその言われです。以来、この場所から九州中にサーフィンの文化が広がっていったと言われています。現在では、地元はもとより全国から、良い波を求めてサーファーが集まってくる憧れの場所となりました。

また、立神ポイントからは、原田正規プロ、西村いちごプロ、田中大貴プロら3名のプロサーファーが誕生しています。西村プロは2021年に開催されたTOKYO2020オリンピックでサーフィン競技の強化選手にも選ばれています。

立神ポイントにやってくる波は、七ツ釜沖を通ってやってくる潮のうねりが、サーフィンに最適な波となるのですが、もし固定式の洋上風力発電所が海上に建設されると、そのうねりは洋上の発電所に衝突し消えてしまい、立神ポイントはじめ唐津のサーフポイントは、ほぼ壊滅状態となってしまいます。

立神ポイントでサーフィンを楽しむのは、小学生から老人まで、すでに親子二代にわたり、ようやくサーフィンが「文化」としてこの地に根付いてきたところです。そうした矢先に行政の主導によって、サーフィンの火が消されてしまうことには声を大にして反対と言わざるを得ません。

行政側は、手続きとして「利害関係者」つまり漁業など海で生計を立てている方々へは説明や補償を行いますが、経済的な利害関係が発生しない私たちサーファーには何の打診や説明もありません。

私たちは洋上風力発電そのものに反対するものではありません。自然のエネルギーを生活に生かすことは大賛成であります。しかし、その設置場所については再考いただきたいと申し上げたいのです。

この立神サーフポイントは、佐賀県から数年前に駐車場やシャワー設備も整備していただき、その際は「立神サーフパーク」という呼称までいただきました。これが、同じ佐賀県の施策によってつぶされてしまう危機にあることに、大きな不安と懸念を抱いています。そして何より、唐津が誇る景勝地である七ツ釜海域の景色を守るためにも皆さんのご理解ご協力をお願いいたします。

今回 私たちが強い危機感を感じた事は 世界規模の開発計画でありながら県民及び、隣県の殆どの人々が計画内容を知らない事です。一度壊れた自然は元の形には戻せません。

この計画を一時見合わせる事により 解決の糸口が見つかるのではないでしょうか。

 

唐津、玄海の海の未来を考える会 一同
代表 小浦修

 

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!
2,500 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!