住宅宿泊事業(民泊)の自治体ルールにホスト、旅行者の声を反映させよう!

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

岡野 周平
3 years ago
賛同します

Thanks for adding your voice.

阿南敬三 阿南さよ子
3 years ago
旅館業法の許可を取得(1993年)

Thanks for adding your voice.

豊田 愛子
3 years ago
外国を旅することで日本の良さを感じ、そしてまた日本を旅した時日本人であることの誇りを感じる事が出来ました。
旅によって沢山の出会いがあり助けられ旅を続ける事が可能になります。決して一人では生きて来れなかった事を再認識させられます。「私も旅先で出会う人たちに助けられたから」と言われました。
ホストをする事で、少しでも私もできるチャンスを与えられる。
そうする事は容易いことではないけれど努力することは嫌な事ではなく、むしろ楽しいことでした。
それが普通の街って素晴らしいと思います。

Thanks for adding your voice.

岩本 敏
3 years ago
自宅家主在住のスタイルは、ホテルとは全く異なるものです。民間レベルで、文化の交流をはかるものであります。

Thanks for adding your voice.

Yoshida Joichi
3 years ago
息苦しい日本の規制

Thanks for adding your voice.

Mezaki Kazue
3 years ago
まず先に、高級ホテルを利用する方と、airbnbを利用する方とはお客様のジャンルが違うことをまず、認識する必要がある。
そして、空き家問題も、現在の賃貸状況が、不動産業界が一手に関与しているために、
個人の不動産所有者が不利益を得ていることが問題であること。
個人の財産を守ることが国の役目であることはいうまでもない。

今、日本への旅行客が増えているのは、airbnbのおかげだと言っても過言ではなく、
airbnbは、明らかにホテルより宿泊費が安いからである。
これが、年間180日以内という規定が実行してしまえば、
利用料金が倍になり、ビジネスホテル、民宿などと変わらなくなるために、
利用者が半減することも想定できるのである。
過疎化した別荘地の利用も可能になり、また、多くの雇用が広がってくことになる。

airbbのシステムは素晴らしく、利用者が自由に場所を選び、
所有者が物件の維持ができること。
個人同士の海外との交流が密に行われ、その結果、
地域への経済効果につながることが大事なのではないかと強く思う。
企業の利益よりも、個人の利益を尊重するべきである。と主張する。

ゴミ問題が、取り上げられているが、反対する理由には乏しく、
マニュアルを作れば解決することである。

Thanks for adding your voice.

木原 将太
3 years ago
過剰で硬直化した法規制で結果として旅客の不便を招いているだけでなく、日本がより取り残されるような形になっていると思います。

Thanks for adding your voice.

Ogawa Shoji
3 years ago
一律に禁止するのは間違っています。
商用のものとホームステイ型は明らかに違う。私はホームステイ型です。

Thanks for adding your voice.

千田 慶子
3 years ago
誠心誠意、近隣の誰にも迷惑がかからないように、ゲストの誰もが幸せになるように、しっかりと働いています。私の残り少ない人生の生きる目的を、私の夢を実現させてください。

Thanks for adding your voice.

Yokoyama Ichie
3 years ago
パリやニューヨークのような観光立国を目指すなら、規制緩和をして宿泊に関する自由で責任を伴う、新ルールを整備すべきです。全ての宿泊施設が共存共栄できる抜本的な旅館業法の見直しで日本を観光立国に!