仙台市の学校教育に早期ICTの導入と活用を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


私は仙台市在住の小学生の母親です。子どもは基礎疾患が複数あり、新型コロナウイルス感染予防の為、自主休校しています。

仙台市は休校解除に伴い、6月1日から学校が再開されました。その一方で、子ども本人に基礎疾患があったり、家族の病気、予防や不安等で自主休校している子ども達がいます。学校に行きたくても、今の状況ではまだ安心して行けないのです。

文部科学省もICTの活用を「使えるものは何でも使って」「できることから」「できる人から」と推奨していますが、仙台市はタブレット配布の決定とICTの活用が検討されてはいるものの、具体的な実施時期については、はっきりしていません。

自宅で体と心のケアをしながらICTを活用し、クラスメートと共に授業を受けたい、共に黒板を見たい、平等に学ばせたい…これが自主休校している子ども達と保護者の気持ちです。最初は失敗してもいい、授業のライブ配信など今できることから始めて欲しいのです。

ICTを早期に導入、活用することにより、自主休校している子ども達も安心して平等に授業を受けることができます。不登校の子どもも自宅で授業に参加できるほか、二波の備えや急な災害時にも活用できると思います。

できることから、できる人から、一日も早い学校教育でのICTの整備、導入、活用を仙台市と仙台市教育委員会に求めます。また自宅で授業のライブ配信やオンライン授業を受けることにより出席扱いとなるよう求めます。

ご賛同、どうぞ宜しくお願い致します。

※初めての署名活動ですので、文章に関しての修正や訂正がありますことをご了承下さい。