仙台大学における学費免除・返還

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


初めまして私は、仙台大学体育学部健康福祉学科四年の大舘勇太(オオダテユウダイ)と申します。新型コロナウイルスの影響で当初の予定であった新学期スタートから伸びて、5月11日からの新学期スタートになりました。つきましては、1ヶ月分の授業料免除、又は返還の案を提案いたします。

仙台大学の情報を調べてみると令和2年度の学生は前期分納84万5千円、それ以前の学生は前期分納81万円となっています。(一年次)単純計算をすると1ヶ月間大学に行ってない分、令和2年度学生は約14万833円。それ以前の学生は13万5千円。大学に行っていないのに払っていることになります。(1ヶ月分)又、令和元年5月1日現在、2578名の学生数となっています。運営面もあると思いますが計算すると莫大なお金になります。

仙台大学の学長は、私たちの身の心配をしてメールを送ってくれますが、SNS等を見かけると上記のことを言っている人を見かけます。それに関しての案など何もないので動きました。又、学校法人朴沢学園の理事長にもこういう意見を持った学生がいると見て欲しいです。

こういった署名だけで確実に動くかどうかは正直分かりませんが、何もしないより行動に移すことには意味があるのではないかと思い立てました。宮城県の大学東北学院大学の学生達は動いてます。その他の大学も動いてます。なので私は動きます。拡散していただきたいと私は思っています。一人一人の署名が大事になると思います。拙い説明と間違った部分もあるかもしれませんがよろしくお願いいたします。