宛先:厚生労働大臣 厚生労働大臣 塩崎恭久 と4人の別の宛先

介護の切りすてアカン!介護従事者と高齢者・障がい者を守ろう!

0

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!

今、「介護」が大変なことになろうとしています。

 今年4月からすべての要支援1,2の人たちのホームヘルパー・デイサービスが介護保険から外され市町村事業(総合事業)へ移され、多くの自治体で単価切り下げ・無資格者導入などが行われます。

 国は一昨年から要介護2以下の「軽度者」サービスの保険外しと、生活援助・福祉用具の自己負担化をねらい、要介護認定者の65%の介護保険サービスをとりあげようとしていました。これは介護関係者をはじめ多くの市民の反対の声で「先送り」させることができました。

 しかし、利用者負担に「3割」を持ち込み、市町村に「要介護認定率引き下げ」を競わせる介護保険改悪法案が国会に出され、生活援助サービスやデイサービスはさらに基準・報酬引き下げが狙われています。

 一方で、深刻な人材不足になっている介護従事者の「処遇改善」は微々たる「加算」で済まされようとしています。

 利用者負担増と介護切り捨ては、国家的な「介護保険料詐欺」とまで言われる事態を引き起こしています。

 私たちは、さまざまな立場や意見の違いを超えて、「『介護』を守る」の一点で共同し、次のことを求めます。

 ①生活援助をはじめとするサービスの切り下げなど制度改悪を行わないこと

 ②利用者負担を引上げないこと

 ③介護従事者の賃金・労働条件を国庫負担で改善すること

 

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 厚生労働大臣
    厚生労働大臣 塩崎恭久
  • 財務大臣
    財務大臣 麻生太郎
  • 衆議院議長
  • 参議院議長
  • 内閣総理大臣
    内閣総理大臣 安倍晋三


介護・福祉総がかり行動 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では883名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




今日:直輝さんがあなたを信じています

志賀 直輝さんは「介護の切りすてアカン!介護従事者と高齢者・障がい者を守ろう!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!直輝さんと882人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。