人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます Cancel the Tokyo Olympics to protect our lives

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

石川 正英
39 minutes ago
私は都民として中止を求める。自民党、都民ファは特に恥を知れ

Thanks for adding your voice.

前田 吉実
4 hours ago
万一の時の責任の所在が未だはっきりしない、無責任なイベントは辞めて当然です。

Thanks for adding your voice.

和田 裕一郎
4 hours ago
我が国内でインド型変異株の感染爆発が起きたら、若者を中心に多数の犠牲者が出ます。インド型変異株の世界的蔓延が収まるまで国を閉ざすべきです。五輪が一番危険なので当然中止すべきです。「関係者は来日前にワクチンを2回接種」と言っても、どのワクチンを接種して来日するかによって、危険度に大きな違いが有るからです。

もしシノバックのワクチンなら予防率51%なので「2人に1人が陽性」の可能性があります。 そんなワクチンを接種して来日されたら「安心安全」とは程遠い感染リスクです。

フォーブスのURL
https://forbesjapan.com/articles/detail/41947?internal=ranking

Thanks for adding your voice.

和田 裕一郎
4 hours ago
ウガンダの選手9人中2人目の陽性が確認されましたが、まだ見付かるかもしれません。彼等が接種したアストラゼネカの予防率は従来株に対して76%ですが、「ベータ株(アフリカ型変異株)に対しては効果なし」と報告されているからです。

デルタ株(インド型変異株)に対する予防率は、どのメーカーのワクチンでも下がります。 例えば、

・ファイザーは従来株に対して95%ですが、アルファ株(英国型変異株)に対して93%、デルタ株に対しては88%まで下がります。

・アストラゼネカは従来株に対して76%ですが、アルファ株に対して66%、デルタ株に対しては60%まで下がります。 ( なお、ベータ株に対しては「効果が無い」と報告されています。 )

・シノバックは従来株に対して51%ですが、アルファ株やデルタ株に対してどこまで下がるのか、公表されていません。 ( なお、ベータ株に対する効果は、不明です。 )

ナショナルジ・オグラフィックのURL
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/062200317/?P=1
フォーブスのURL
https://forbesjapan.com/articles/detail/41947?internal=ranking
MEDIUSのURL
https://www.medius.co.jp/asourcenavi/vaccine-type/

Thanks for adding your voice.

Shiina Kyoko
1 day ago
賛同します。よびかけありがとうございます。

Thanks for adding your voice.

藤澤 真弓
1 day ago
オリンピックを判断します

Thanks for adding your voice.

渥美 廣貴
1 day ago
人命第一 遊びはその後に

Thanks for adding your voice.

柴田 帆奈
1 day ago
G7やコパアメリカなど、たくさん人を集める催しが感染源になることがわかっていて、しかも専門家や市民は反対しているのに開催強行する意味がわかりません。日本は近代民主国家ではなかったのでしょうか?

Thanks for adding your voice.

Valeria Vital
2 days ago
People will die over stupid money and gladiator sports

Thanks for adding your voice.

DAYPLA Corporation
2 days ago
商業ベースのプロフェッショナル・スポーツとそれらを支える巨額マネーの仕組みが、常に、社会的正義や公正よりも人間の本能的欲望や富への強欲を優先している、とは断言しませんが、現代の社会やメディアは、プロフェッショナル・スポーツの仕組みのみが優先されてはいないでしょうか?そういったことが、いったん、あまりに大きすぎる仕組みが一旦まわり始めると、相当な環境的危機が発生しても、その巨大な仕組みの巨大で重い歯車が回転し続けることを止めずらいという状況に陥りやすくなるのではないでしょうか。

現在のオリンピックは理念の掲揚については「平和の祭典」「ジェンダー平等」など崇高なコピーを並べています。

しかし、これはビジネスとしてのプロアスリート中心、商業ビジネスとしてのプロフェッショナルエンターテインメントメディアとスポンサーシップ中心となったオリンピックにおいて、祭典の運営・企画組織による、社会経済活動に責任あるステークホルダーとしての、一流のコマーシャルメッセージではないでしょうか。
(ただ、これは現代社会の生活の営みである経済活動としての立場なので必ずしも否定にしか値しないというものではないでしょう)

しかし、考えて見てみれば、オリンピックはもともと、営利を求めないアマチュア精神に則ったスポーツマンシップということを謳っていた時期が長かったのではないでしょうか。それがもっぱら個々人の我を捨てた国威発揚に利用されていた時期もあったかもしれませんが。

つまり、バランスを考えると、せめて、2年なり4年に一度のオリンピックでは、たまには立ち止って(普段はプロ・アマのいずれも※アマチュア=素人ではありません、好きで求道するスポーツパーソンのことでしょう)スポーツパーソンもスポンサーも、営利やマネーや巨額の施設建設などをこの時ばかりは考えず、アマチュア精神に則った、全世界の人々のマネー以外の参加や工夫によるスポーツマンシップの祭典としたらどうでしょう。

そうしますと、先日もラグビー元日本代表の平尾剛氏が発信したように、いったん肥大化したIOCを解散するということを継続的に考えていくのも良い考えかと思います。
参考:
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-3257445
引用「IOCを解散し「参加することに意義がある」という理念に立ち返って、これまでとは違うまったく新しい大会を創設してはどうだろうか。」


なお、付け足しですが、下記は自前のpetition (内容はドラフト段階)です。参加されたい方がいましたらwelcomeです。すみません、communicativeな Reason for signingで。が、小市民や零細なのれんでも、そうした、活動(の発芽)の交流というのも、こういった媒体での井戸端的な場の開拓が望まれるのでは、とも思うのです。

https://www.change.org/dissolve_the_InternationalOlympicCommittee