京都府立公立高校休校延長要請

京都府立公立高校休校延長要請

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:京都府の 高校生 宛先:京都府議会

京都産業大学のクラスターが発生して、急激に感染者が増えた今正直学校は再開するのはおかしいです。また、学校に行ってコロナウイルスにかかったら責任は取れるのでしょうか?また、大阪府府立の学校では休校が5月6日まで延長されました。それにもかかわらず、京都府立の高校は8日から再開への方針が示されました。学校が再開されると感染が拡大するのは容易に想像できます。また、学校再開により自粛しなければならないという考えが薄れてしまう可能性があります。

以上の理由から私たちは京都府と同様に感染が拡大している大阪、東京と同じような対策、ゴールデンウィークまでの休校延長を求めます。

ここからは学生としての意見を書かせていただきます。私たちの学校には外出を自粛せずに繁華街やショッピングモールで遊び回っている人がいることをインスタグラム上で確認しています。学校が再開された場合私たちはそのような人達と多くの人が集まり、近い距離で話し合う教室という密閉空間で一緒に授業を受けなければなりません。再開した学校でクラスターが発生した場合学生が非難されます。一部の学生が悪いのに、外出自粛をしていた学生たちもまとめて「学生」という括りで非難されてしまいます。これでは真面目に自粛をしていた学生がバカみたいです。また、世界では感染者も死亡者もどんどん増えています。私たちの周りの大切な家族や友人たち、そして自分自身の命を守るために休校延長をすべきだと考えます。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!