聚楽保育所の4月以降入所を再開してください

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


京都市は、令和3年度4月以降の新規入所を募集しない(0歳、2歳、4歳、5歳)と発表しました。4月入所の申し込みが終わってからの令和2年12月のことでした。12人がすでに聚楽を希望の保育所として申し込んでいました。

京都市は新規入所を募集しない理由を「令和4年度以降の聚楽保育所の運営が決まっていないため」としている一方で、中京区内の児童受け入れ枠の少なさを理由に、1歳と3歳は新規募集をするとしています。このような矛盾に満ちた理由では到底納得できません。

突然の入所拒否により、保護者が退職に追い込まれる事態が現実となってしまいます。また、在所児童のきょうだいが一緒に通所できない、すでに在所している0歳児がクラスに一人だけで6年間を過ごすことになるなどの深刻な問題が発生します。横暴とも言えるこのような決定はすぐに撤回し、少なくとも令和3年度については例年通りの募集を再開することを求めます。

今回の問題については、新聞やテレビなどのメディアも注目しています。たった数人の聚楽保育所を希望した者だけの問題にとどまらず、京都市の保育や子育てに対する姿勢全体が問われていると思います。

子育て環境日本一を本気で目指す京都市であって欲しいです。