子どものための予算を大幅に増やし、国の責任で安全・安心な保育を

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


保育は、だれもが安心して子どもを産み育て、働ける社会を実現するために不可欠な社会資源であり、コロナ禍によって、その重要性や必要性はいっそう明らかになりました。今後、コロナ感染や災害への対応を考えれば、現在の保育の環境・条件はあまりに貧しい状況です。 子どもには豊かな保育を受ける権利があります。どのような状況にあっても、安全・安心で質の高い保育を格差なく保障するために、子どものための基準の引き上げ、保育環境整備、保育労働者の処遇改善は緊急の課題です。 保育の財源保障と条件整備は、国と自治体の責任です。これらを実現するために必要な予算措置、制度の改善・拡充など求めます。



今日:京都 さんがあなたを必要としています

朱い実保育園保護者会 京都 さんは「京都市長: 子どものための予算を大幅に増やし、国の責任で安全・安心な保育を」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!京都 さんと82人の賛同者と一緒に賛同しましょう。