このキャンペーンは終了しました

「聚楽保育所に入所できたから、仕事を続けられた」そういう人が沢山います。まだまだ保育所足りないのに、民間移管がうまくいかないからといって、安易になくされたら困ります!!

2,024人の賛同者が集まりました


 聚楽(じゅらく)保育所は京都市中京区にある市立保育所です。その聚楽保育所を廃止するという条例案を、京都市が突如5月開催の議会に提出しました。地域から、子育て世代に必要な認可保育所をひとつなくそうというものです。

 もともと京都市は、2018年度に聚楽保育所の民間移管(民営化)を行う予定でいましたが、移管先の法人が決まらずにいました。京都市は、民間移管のめどが立たないことを理由に、保育所を廃止するという方針に突然きりかえ、2027年3月末で廃止するという条例案を議会に提出したのです。事前に、保護者にも地域住民にも何の説明もありませんでした。

 今も保育所入所を希望しながら入所できず、仕事をあきらめざるを得ない保護者がいます。聚楽保育所をなくさないでほしいというのが、多くの人の願いです。納得できる説明もなく、子育て環境に及ぼす影響も十分に検討もされないまま、安易に廃止が決められることがあってはなりません。

 そして、こんな重大なことを、2週間しかない5月議会にいきなり提案して決めてしまおうというのは、あまりにも乱暴です。

 聚楽保育所の廃止を拙速に決めることがないように、みなさんの賛同をお願いします。

 

【私たちが求めていること】

 京都市聚楽保育所の廃止を拙速に決めないでください。

 

※発信者「京都こども未来ネット」は、京都市職員労働組合民生支部が中心となって、市営保育所の保護者や関係者等に呼びかけ、一緒に市営保育所のあり方や京都の保育を考えようと、2012年にたちあげたネットワークです。 



今日:京都こども未来ネットさんがあなたを必要としています

京都こども未来ネットさんは「京都市長 京都市議会: 「聚楽保育所に入所できたから、仕事を続けられた」そういう人が沢山います。まだまだ保育所足りないのに、民間移管がうまくいかないからといって、安易になくされたら困ります!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!京都こども未来ネットさんと2,023人の賛同者と一緒に賛同しましょう。