亜細亜大学へ。大学施設閉鎖による春学期分学費減額の要望

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


大学の学生・保護者・また関係者のみの署名活動とさせて頂いております。ご了承ください。

在学生:在籍学部学科、学籍番号

関係者:メールアドレス(メールアドレス欄に記入したもの)、学校、または在学生との関係性

の記入をお願いします。

亜細亜大学学生センターへ

この署名活動はコロナウイルスの影響により使用できない施設、また電気、水道、人件費などの余剰する費用を春学期分の学費から一部の学費の返却を求めることが意義です。

4月7日に政府から緊急事態宣伝の発令により、亜細亜大学の対応策として学生全員は学校に行っては行けないことになりました。2020年度の前期の授業もオンラインで実施をし、卒業論を書き、図書館を利用したい学生は学校の施設が完全に使えなくなるのかと思われています。

そして、現在のコロナウイルスの感染状況により、学生たちはアルバイトもできず、留学生の皆の本国でも同じ状態だと思い、実家の方も収入が減っているという。なので、アルバイトからの収入や実家からの仕送りが只今経済的に困難な学生がいるだと判断されています。

ですので、この著名活動をさせていただき、現在の厳しい状態に対応してもらい、施設費の減額を考慮のほどお願いしたいと思います。学生達の健康のため授業をオンラインで実施し、ありがとうございます。

 

4月18日