五輪スポンサー日清食品さん、森林破壊フリーの東京五輪に! 〜問題あるパーム油を使わないで〜

わたしも
★不買運動を始める★この策に賛成だ。

どんな大企業にとっても、屋台骨の商品が売れなくなる兆候が世に拡散し始めることが、最も怖いからだ。

だが、不買運動のその前に。

今まで売り上げ好調の波に乗り、そんなムードで塗り固めてきた偽りの企業イメージ。

しかしそんなイメージを少しずつ崩しながら、日清食品に気づかせ、改めさせることは、これを読んでもらったあなたの協力があれば意外と簡単だ。

みんなで、
カスタマーセンターに1人の消費者として、電話を繰り返し入れる。

そして受付社員に以下のことを社員全員に共有するよう要望を伝える。

「真のグローバル企業であり続けたいのならば、全ての関連物資の調達方法、流通販売形態、商品のコンセプト等々を、世界の人々から共感を得られるよう見直して欲しい」と。

それでもなお対応が見られないようであれば、次のステージへ。

そんな企業の食品を我が子に食べさせたくないであろう、全国のもの言うお母さん方の組織に日清食品の実態を広めるのだ。

今この時期のキーワードは「当事者意識」ではないかと思っている。

今回の件は、世界に恥ずべきことであり、一人一人の社員の持つ当事者意識が希薄過ぎる見本といえよう。

サア、声を上げるぞ!

sakata masakazu, Fukuoka, Japan
3 months ago
Shared on Facebook
Tweet