代々木公園の自然を破壊する、東京五輪2020ライブサイト計画の中止を求めます #代々木公園の木々をオリンピックから守りましょう

0 人が賛同しました。もう少しで 150,000 人に到達します!

もう少しで賛同数が150,000に届きます!
もう少しで賛同数が150,000に届きます!

[ English | German | French ]
写真提供:川口真央

「今、東京の自然が東京五輪によって破壊されようとしています」

現在、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、政府、東京都、そして公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京五輪の中止を求める多くの国民の声にも関わらず、開催を強行しようとしています。

そのようななか、東京五輪に関連した、ある計画により都民のオアシスとも言える代々木公園の一部の木々が台無しになろうとしていることをご存知でしょうか?

「東京2020ライブサイト計画」

この計画は、東京五輪のパブリックビューイング会場の建設計画です。実施計画によれば、この会場は「都内のみならず、国内外から訪れる観戦客等を広く受け入れる」目的で建築するとされています。また、コロナ前の試算によると、一日あたり合計3万5千人の集客を見込んでいます。

以下はコロナ拡大前に発表された原案のURLです。https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/38e028650a9c1f9ce276e346bb2cf542_3.pdf

感染症拡大の影響により建設自体が中止になるかと思いきや「必要な感染症対策を行った上で当初計画を基本として」実施するというのです。

以下に示すのは、感染症の拡大後に発表された「東京2020ライブサイト計画」のURLです。https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/1876511360500769003669f8181c6234_2.pdf

東京2020ライブサイトの建設予定地は複数ありますが、その一つは都立代々木公園です。

そして、その過程で邪魔となる、代々木公園内の建設予定地に生えている高さ8m以下の木々を剪定することを発表しています。結果として、木の形が大きく変わり、美しさを失ってしまいます。

私は、この計画について嫌悪を感じずにはいられません。

まず、変異株の影響でコロナ感染が拡大しつつあり、ワクチン接種の進捗率が遅い中で、パブリックビューイング会場を作って何千人もの人を集めるという行為自体が賢明ではありません。コロナの影響により、五輪中に日本に訪れる外国人は激減するため、パブリックビューイング会場の必要性もありません。

そして、たった数週間のために多くの木を剪定して、形を永久的に変える必要はあるのでしょうか?

もし平時であれば、百歩譲って国民も許容出来たかもしれません。しかし、今はコロナ禍です。国を挙げて感染症を抑えようという時です。

そのような時に、わざわざ密を生み出す場所を積極的に作ろうとしているのです。

しかも、東京2020ライブサイトの実施計画には「国民のために」この会場を建設するような文言もあります。一部抜粋します。「新型コロナウィルス感染症を乗り越え、都民・国民の共感を得て大会を実施するためには、都市の活動であるライブサイトの開催は重要」

このような文言は、この企画を実施する正当な理由ではなく、五輪関連で良く耳にする口先だけの決まり文句の集まりに過ぎません。

国民は、わざわざ密を作り出すような施策に対して共感などしません。そして、その過程で都民の憩いの景観を構築する木の剪定など、あってはならないことです。

ライブサイトの工事は6月1日から始まります。既に剪定予定の木には印が付けられています。時間はありません。

既にTwitterでは、この件に対して抗議のツイートが多く投稿されています。

我々は断固として、東京2020ライブサイトの建設及び、それに伴う自然の破壊に反対し、中止を求めます。

この要求に賛同してくださる方、一人一人の署名が代々木公園の緑地を守ると共に、コロナウィルス感染症の拡大を防止するための力となります。ご協力を何卒宜しくお願い致します。



今日:眞也さんがあなたを必要としています

堤 眞也さんは「丸川珠代 五輪相: 代々木公園の自然を破壊する、東京五輪2020ライブサイト計画の中止を求めます #代々木公園の木々をオリンピックから守りましょう」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!眞也さんと114,983人の賛同者と一緒に賛同しましょう。