Petition Closed
Petitioning 中央大学 学長 福原紀彦様

中央大学の休学費を減額して欲しい!

120
Supporters

大学を利用していないのに、高額の休学費用がかかるのはおかしいのではないでしょうか?

 

 

近年、経済的な理由で休学せざるを得ない人だけでなく、留学や海外旅行、インターンシップ等に積極的に活用しようとする人など、休学を必要としている学生が増えてきています。

 

しかし、中央大学の休学制度では51万~86万円もの休学費用がかかってしまうため、留学したい学生はもちろん、経済的な理由で学費が払えない学生すら休学し辛いのが現状です。

 

はたして、学校に在籍しているだけで、本当にこんな高額の費用が必要なのでしょうか。

 

現在、中央大学の休学制度では、休学費用は『授業料』『実験実習料』『施設設備費』などの名目で51万~86万円(学部により差有)もの額が回収されています。

 

ですが、休学中の学生は授業や実験実習を受けることも施設設備を使うこともほとんどないため、学生が払っている休学費用と実際の大学側が負担とがつり合っているのかどうかにはいささか疑問が残ります。

 

実際、早稲田大学や法政大学では休学費用は在籍手数料だけであるため、半期ごとに5万円ずつしか発生していません。

 

中央大学も、休学費を在籍に関する費用だけにするべきではないでしょうか。少なくとも、大学側の負担量に見合った額であるべきだと私は思います。

 

今回、署名の提示を通じて、中央大学の休学費減額をなんとしても実現したいと思っています。

中央大学の休学制度がより公正なものになり、学生全員に平等に機会が与えられるよう、皆様、署名のご協力をよろしくお願いいたします。

Letter to
中央大学 学長 福原紀彦様
(後日皆様のご意見をお聞きし、提示内容を決定いたします。)