ソニーに告げます。成人ゲーム規制法を 廃止しないと消費者不買運動で直ちに対応します。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


最近、4月にとても衝撃的な発表が公示されました。

ゲーマーたちを非常に失望させ,強い表現を使う場合には"日本ゲーム界を裏切った。という文句まで出るほど非常に深刻な"成人ゲーム規制法"についてです。

http://archive.fo/Kp7Re

https://togetter.com/li/1338802

この法律がME TOO運動の強化によって発足したものとは言え,ソニーの発言とはまったくかけ離れたところがあります。

一つ目は,ME TOO運動とフェミニストがそっぽを向かれ,力を失った理由は"政治的暴力手段"に転落したり,"意図的に男性を卑下し,敵対したり,分裂させたりする発言と論理だけを前面に押し出して,自分たちの不利な点を隠して男という存在を否定しようとする行動の他には,性平等とは程遠い行動だけだ"ということです。

第二に,成人ゲーム規制法は一種の"消費者抹殺政策"であり,"愚民化政策"と本質的に違わない"不法行為"であるということです。

過去の数多くの軍事独裁政府,政権,皇帝,貴族,政治家たちが国民を弾圧するために非常に非常識的であったり,力で抑圧させたりする政策を繰り返した結果,大多数がどうなりましたか。

すべて国民や後任政権などの審判を受け,非常に悲惨な結末を迎えたり,罪の償いをする結果を迎えました。

国民の声を一方的に無視して力で制圧しようとする当然の結果です"

そして三つ目は成人が成人ゲームをプレイするのは一番基本的な権利であり保障される権利です。

万18歳あるいは19歳以上になった消費者が正当に国家の法に則って成人ゲームを購入してプレーすることは、国家の法を破った行為もなく正当な行為と認められるの一つの権利であり、基本です。

ところがソニーはそうした成人の権利をすべて無視してそうした声と意見を聞かないまま全く論理にならない"子どもを保護しなければならない。"女性性商品化はいけない"という論理を立てながら世界のすべての男性たちを"敵"に変える行為に対して何の迷いも持たないで独裁行為をしようと思います。

これが果して正しい行動であり,認められる法律でしょうか。 絶対に認められない行動です。

私がそれで消費者不買運動をするべきだと主張したい理由はソニーも"企業"で企業がどんな存在ですか?

企業は"消費者"が"製品"を購買しなければ利益を創出できない集団です。 私は今回のソニーの行動について,"不法行為であり,反人倫的行為,性差別的行為,または独裁者が国民を力で制圧し,反発心を取り除こうとする独裁行為と全く同じだ。だと判断し,このような企業の製品を買ってあげることは数値で愚かな行動だと判断しました。

それで私は単純に次世代に出るPS5(仮称)だけでなく、ソニーが販売するTV、イヤホン、ヘッドセット、ウォークマン、携帯電話など"すべての製品"について、消費者が力を合わせて不買運動をしてソニーの成人ゲーム規制法は明白な"不法行為"利子"性差別禁止法""独裁行為"ということを強調して廃止の意見を表出しようとします。

また,成人ゲーム規制法の反対に対してキャンペーンを開始したのは,yagy yyというある外国人の方から始まり,彼が直接ソニーとミーティングまでして成人ゲーム規制法に反対してほしいと要請したのにもかかわらず,ソニーはその声を無視して独裁行為を力で押し付ける行動を起こしています。

https://www.change.org/p/sony-towards-sony-their-new-policies/u/24438234

https://www.change.org/p/sony-towards-sony-their-new-policies/w?source_location=notifications_page&comment_id=755257181#comment_755257181

 

"成人ゲーム規制法は,単に成人ゲームの規制だけで終わる問題ではありません。

この被害は消費者と企業の双方に想像できない被害に直結するでしょうし,結局ゲーム界は活力を失って最悪の状況の場合にはゲームの未来が永遠に消えかねない状況まで起こりそうです。

簡単に表現すると、女性の露出度が少しでもあったり、成績の発言がいるゲームは利用等級が17歳~18歳が利用できるではなくゲームでも全てのゲームに拡大されて発売が制限されたり発売が禁止される事態までも繰り広げられます。

ゲームというのは一つの文化です。現在の消費者だけではなく,次の世代の消費者たちも楽しむ権利があるメディアです。 しかし,ソニーは自分たちの行動がこのように嫌いで反対する意見と声が多いにもかかわらず,愚かさを悟ることができず,独裁者が歩んできた道と同じ道を繰り返そうとする行為をしています。

皆さんはこのような企業の製品を買ってくれるのですか? 関心を持ってあげたいですか。私は絶対にそうではないです。 今回の事態についてはソニーが成人ゲーム規制法を廃止すると正式公示を発表して行動で実践するまで消費者不買運動を日本のみならず世界の消費者が力を合わせて成人ゲーム規制法の廃止反対に乗り出さなければならないと思います。

皆様の賢明な判断と意見を待ちます。 今回のことについては,消費者がまず悟り,成人ゲーム規制法が"不法行為"であり"性差別行為""ゲーム界の未来を破壊し,滅亡させようとする行動"であることを記憶し,成人ゲーム規制法反対意思を"積極的"と表現してこそ阻止することができます