世界フィギュアスケート選手権2019の、アリーナ席のみカテゴリー(種目)別販売を実現してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


現在日本で開催されるフィギュアスケートの国際大会のチケットは非常に人気が高く、入手しにくくなっています。高額転売が問題になるほどです。

一方、その人気は主に、世界のトップで戦う日本選手がいる「男女シングル」に集中しています。しかしチケットは大会の通し日程または1日単位でしか販売されておらず、完売したものの蓋を開けてみれば「ペア」「アイスダンス」は空席だらけ、というケースが多発しています。空席になるならばそこに座りたいというペアやアイスダンスのファンは大勢います。

その競技を見たい人が見られない、という現状を変えたいです。

最も理想的な解決策が、チケットをカテゴリー(種目)ごとに販売するというものです。入れ替えの管理などでコストがかさむために実現していないのであろうことは想像がつきます。出入り口の異なるアリーナ席だけでも、チケットのカテゴリー別販売が実現すればと願っています。

そもそも、日本のカップル競技には負のスパイラルが存在します。「人気がないから放送されない」→「放送されないから認知されない」→「認知されないから取り組む選手が極端に少ない」→「選手が少ないから練習環境が整わない」→「練習環境がないから世界で勝てない」→「世界で勝てる選手が出ないと人気が出ない」。完全にループしてるのに、どこでこの現状を変えろというのでしょうか。選手の努力だけでなく、見て、声援を送ることで僅かにでも力になりたいとファンは思っています!

氷上に最も近いアリーナ席を埋めるカップル競技ファンの姿が可視化されれば、「ペア」「アイスダンス」のイメージ向上、普及の一端ともなれるのではないかと思います。まずはどうか、アリーナ席のカテゴリー別販売の実現をお願いします。



今日:We Love Pair Skating / We Love Ice Danceさんがあなたを信じています

We Love Pair Skating / We Love Ice Danceさんは「世界フィギュアスケート選手権2019の、アリーナ席のカテゴリー(種目)別販売を実現してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!We Love Pair Skating / We Love Ice Danceさんと488人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。