キャンペーン成功!

三重県の小中高等学校の休校を!

168人の賛同者により、成功へ導かれました!


[私は、三重県の高校生の子供を持つ保護者です。
我が子の思いを下記に記しますので、どうか一読し賛同して下さい。もちろん私も同じ思いです。]

私は、三重県の高校生です。

本日4/7(火)
ついに安倍晋三首相は、コロナウイルス感染拡大防止の為、東京をはじめとする7都府県に【緊急事態宣言】を発令しました。
『国民的な危機にあたり、国民の命と健康を守ることを第一に、感染拡大防止に向けた取り組みを進めていく』と表明しました。

『人と人の接触機会を最低7割、極力8割削減できれば、二週間後には感染者減少に転じさせることができる』と指摘し 国民に対して7〜8割外出を控え、多人数での会合の自粛を要請しました。

私や私の家族は、不要不急の外出を控え、自宅待機をしてきましたが、私の周りでは全く自粛せず毎日のようにショッピングモールや旅行などにでかけ、SNSで発信している人がたくさんいます。
三重県の私の周りでは、まだまだ他人事としか考えられない若者が多すぎてとても怖いです。そして、そんな行動をしている子供達だけでなく、子供のそんな行動に何も注意しない親にも不信感が募ります。

三重県では、もう既に小中学校は始業式や入学式が挙行されている学校があります。
高等学校は、明日入学式の学校があります。
同じ日本で[緊急事態宣言]が発令された今、三重県は感染者数が少ないからと言って、登校し普通に教室で授業が始まるのは、恐怖以外の何ものでもありません。
この世界の状況を全く理解せず、何の自粛もせず、いつも通りに街に繰り出していた人達が密閉された同じ空間にいるかと思うと、自分の命や家族の命が心配で、勉強どころではありません。
密閉・密集・密接の三密が、学校には全て揃っているからです。
電車通学もとても怖いです。
発熱などの症状が出たら出席停止では、遅すぎるのです。
自分の知り合い、友達、家族、自分自身が発症しないと、コロナウイルスの危険性に気がつかないのですか?
無症状感染の子供がウイルスを家に持ち帰り、親や祖父母が重症化したらどうするのですか?

子供を見えない不安や恐怖から身を守るのが、大人の役目ではないのですか?

4/7現在、国内感染者数5157人
(クルーズ船乗船者含)
三重県感染者数 13人です。
三重県は少ないと思われるかも知れませんが、一人でもいれば危険なのです。
休校延長が決定した県はたくさんありますが、全ての県で実行しなければいけないと思います。感染者数が爆発的に増えてからでは遅すぎるのです。
学校が始まれば、確実にクラスターが発生します。
#うちで過ごそう とみんなで呼びかけ合っているのに、臨時休校要請時よりも段々と感染者数が増え続ける今、学校再開はあり得ないと思います。
私は、自分の命が大切で
家族の命も大切で、友達の命も、日本中のみんなの命が大切です。

これらの理由から、三重県内の全ての小中高等学校の休校を要請します。
ただの高校生のちっぽけな私ですが、同じような思いの皆さんのお力をお借りして、大きな力にして、三重県を…全国を動かせたらと思っています。

この署名は、三重県知事 鈴木英敬氏と三重県教育委員会の委員長に提出する予定です。

*「寄付」はせずに「賛同」だけしてください。サイトの方からシステム的に「寄付してください」メールが来ているようですが、全くこちらは求めていません。…ちなみに表示される「寄付」は、この署名の広告費に使用されるもので、発信者に収入が入る仕組みは一切ありません

 



今日:高校生 保護者さんがあなたを必要としています

三重 高校生 保護者さんは「三重県知事: 三重県の小中高等学校の休校を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!高校生 保護者さんと167人の賛同者と一緒に賛同しましょう。