子供の勉強より命!!鹿児島県の小中高の休校延長を!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


鹿児島県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されました。子供の命を守るために休校延長を求めます。学校関係者の方たちは春休み中に帰省した県外に進学した教え子たちと呑みに行ったり、出張に行ったりと人と関わることが多いです。生徒でも、元々春休みに旅行する予定があり、この状況の中キャンセルせずに旅行をした生徒もいます。学校関係者が感染していないとは言いきれません。

若者は重症化しにくいと言われているとはいえ、生徒が感染し、一緒に住んでいる祖父母に感染させてしまうと、最悪の場合では死亡することも考えられます。感染者が確認されてからの対応では遅いということは、他国、他都道府県の対応を見て分かっていると思います。

教室こそ3つの密が揃う空間です。感染者が1人でもいれば、授業の5分間短縮や休み時間の5分間延長も意味ありません。テスト中は100分ほど同じ空間にいなければなりません。子供は距離感が近いですし、久しぶりに友人と会ってはしゃぎ回るでしょう。ものの貸し借りは勿論、先生方がお昼の時間に教室にいらっしゃらない高校では食べ物や飲み物のシェアをすることも有り得ます。

子供は学校が再開されたことで、鹿児島は大丈夫だと思い、友人と遊びに行ったりするでしょう。焼肉店でクラス会をしている学校もありました。学校が再開されるくらいなんだから平気だと子供は思っているんです。感染拡大の鍵である若者や学校でクラスターが発生する可能性も十分にあります。

もし生徒のひとり(Aさんとします)が感染してしまうと、学級、学年、学校でクラスターが発生するかもしれません。Aさんのせいでクラスターが発生したといじめの対象になってしまうことも十分に考えられます。子供からも大人からも批判を受けます。

コロナ疎開により、鹿児島県内に訪れる方も多くなってきています。どうか、ご協力お願いします。

 

子供の命と安全を守るために、鹿児島県内の学校の休校延長を願います。学問より命の方が大切です。

 

【追記】

たくさんのご賛同、ありがとうございます。まだまだ、たくさんのご協力を頂きたいと思っております。もし、TwitterやFacebook、Instagramなどをお持ちの方は、拡散して頂けると嬉しいです。

 

700名の署名が集まりましたので、署名を提出致しました。