このキャンペーンは終了しました

【七十七銀行女川支店】津波訴訟 企業側は社員の生命及び身体等を危険から保護するよう配慮すべき義務を負っているため、裁判の棄却の取り消しを求めます。

50人の賛同者が集まりました


東日本大震災では、これまでに経験をした事がない大地震が起こり、その直後に大津波が宮城県女川町を襲いました。

七十七銀行女川支店は、津波常習地域の三陸海岸にある女川湾から、わずか100メートルの位置に立地しており、元々、海を埋め立てた場所にあったため、津波が非常に来やすい場所に立地していました。 周囲には、ゆっくり歩いても3分程度しか離れていない堀切山があったのにも関わらず、地震発生後、支店長の指示に従い、行員全員が、わずか10メートルの高さしかない銀行の屋上へと避難をしたため、奇跡的に救出された1名を除き、12名の社員が津波の犠牲となり、8名の遺体は、未だ見つかってはいません。

一方、直ぐ目の前にある堀切山には、約650名の住民たちが避難をしていましたが、こちらはほぼ全員が命を守り切りました。 仙台銀行や石巻信用金庫の行員たちは、この堀切山に避難をして全員助かりました。

七十七銀行女川支店は、地震と津波が日常的に発生する事でも有名な三陸に立地していながら、東日本大震災が起きるほんの数年前に、堀切山と並列の避難場所として、10メートルほどの支店の屋上を避難場所として加えましたが、東日本大震災は、30年以内に99%の確率で起きるとかなり前から予想されていた災害です。

本件は、企業側の防災対策の是非と、従業員の安全に対して、最大限配慮する義務を負う企業として、津波に際しては、出来るだけ早く出来るだけ高いところへ避難をするという鉄則に反し、より低くより危険な支店屋上を堀切山と並列の避難場所として追加した判断の是非に重点を置いています。

歩いて3分足らずの場所に安全な避難場所があるにも関わらず、企業側は、安全配慮義務を怠り、社員を死に至らしめたものとして、企業側の安全配慮義務反を問うものです。 また、銀行側には、その真実に向き合い、反省して再発防止に努めて頂きたいと切に願っています。

これまでに、仙台地方裁判所、並びに、仙台高等裁判所では、二度に渡り、裁判自体が棄却されましたが、どうして、七十七銀行だけが、屋上避難だったのか? 助かるはずの命であったと今でも強くそう思っています。 仙台高等裁判所での上告に向けて、現在署名活動を行っていますので、ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

詳細はこちらから



今日:俊明さんがあなたを信じています

永沼 俊明さんは「【七十七銀行女川支店】津波訴訟 企業側は社員の生命及び身体等を危険から保護するよう配慮すべき義務を負っているため、裁判棄却の取り消しを求めます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!俊明さんと49人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。