Petition update

6月10日に一橋大学で予定されていた百田尚樹氏講演会の中止が決定されました

反レイシズム情報センター(ARIC)

Jun 4, 2017 — みなさま

6月10日に一橋大学で予定されていた百田尚樹氏講演会の中止が決定されました。「本講演会がKODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」が理由とのことです。
(詳しくは6月2日の夜にアップされたKODAIRA祭実行委員会公式ウェブサイトの説明をご覧ください。
http://www.kodairafes.com/page/kikaku/hyakuta.html )

ひとまず百田尚樹氏講演会の中止は朗報といってよいでしょう。中止決定は、差別煽動をくりかえす極右に公的な発言機会を与えるべきでないというごく当然の人権規範を、社会的に再確認する効果を持ちます。また極右に大学での言論活動を許す先例を阻止することにもなります。
4月17日に開始した本キャンペーンの要望は、あくまでも学祭での差別を撤廃することにありました。特に「差別を禁止する明示的ルール」の制定を求めるものでしたが、これについては未だ最終的な回答がありません。

じつは5月22日に、KODAIRA祭実行委員会は何らかの差別禁止ルール制定を検討中であり学祭当日までにはそれを公表すると明言しています。
私たちは学祭当日まで、要望通り差別撤廃ポリシー制定を求めてゆきます。

講演会中止が決定された6月2日時点で本キャンペーンは1万1756名のご賛同を得ておりました。皆さまの声は、とりわけ一橋大学内部の学生・院生・教職員が声をあげ、大学内で差別撤廃を求める運動をつくる大きな契機となりました。

講演会中止決定に、皆さまの声が極めて大きな役割を果たしたものと、私たちは信じています。

ご協力・ご賛同してくださった皆さまに、改めて御礼申し上げます。


Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.