今すぐカチンでの紛争を止めてください// Stop Violence in Kachin Now!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


ミャンマー北部カチン州で少数民族武装組織カチン独立軍(KIA)と国軍の戦闘が激化し、カチンの市民団体によると、住民5,000人以上が避難を強いられ、約3,000人が森林などで身動きが取れない状態にあります。
In Myanmar's Kachin State, the conflict between "Kachin Independent Army" (KIA) and Myanmar Government Troops has been escalated, then Kachin Civil Society Organizations said over 5,000 residents have been driven their homes and 3,000 people remain trapped conflict stricken area.

5月1日には、国連人権問題担当特別報告者である、ヤンヒ・リー氏は、カチン州で空爆と重火器の使用、居住区への砲撃といった報告を受けたとした上で、「この数週間で目撃されているものは全く受け入れ難く、今すぐ止めるべきものです。無実の住民が殺害され、傷つけられ、何千もの家族が家を追われています」と述べています。
In May 1st, The Special Rapporteur on the situation of human rights in Myanmar, Yanghee Lee, said she had received reports that the military had carried out aerial bombings, and used heavy weapons and artillery fire against civilian areas near the Chinese border. “What we are seeing in Kachin State over the past few weeks is wholly unacceptable, and must stop immediately,” Lee said. “Innocent civilians are being killed and injured, and hundreds of families are now fleeing for their lives.

4月30日には、カチン州の州都ミッチーナで、5,000人が政府に対して避難民の救済を求めるデモ活動を行ったと報じられています。
In April 30th, More than 5,000 local residents took to the streets in Kachin State’s Myitkyina, calling for the government’s intervention to rescue displaced persons trapped in forests amid clashes.

自治を求めるカチンと政府軍の間では1961年から戦闘が続き、一旦は停戦したものの、2011年6月に再び始まり、10万人以上が州内各地にある難民キャンプで避難生活を送っています。KIOと政府は、停戦協定の署名に向けて交渉してきましたが、2016年以降、交渉は中断しています。
The Kachin have fought for greater autonomy in this predominantly nation since 1961. In Kachin state, an estimated 100,000 people are displaced by the fighting. KIA and The Myanmar government had negotiated ceasefire agreements, but it suspended in 2011.

この署名で、私たちは全ての紛争関係者に
1.何よりも住民の安全確保を優先して実施する
2.武力行使の中止と、停戦協定を今すぐ再開する
そして、日本政府に
3.紛争停止に向けて積極的な行動を起こす
4.カチンからの難民認定申請業務を現地の状況を踏まえて行う
―ことを求めます。

In this campaign, we strongly request to all parties of conflict and Japanese Government
1. To protect civilian populations and allow humanitarian assistance to be delivered to those affected by the conflicts.
2. To stop violence immediately and Re-start of negotiation for ceasefire
3. Japanese Government will take initiative for this ceasefire.
4. When Kachin group apply Refugee Status, please refer current situation in Myanmar.

皆様のご参加をお願いいたします。
We hope that many of you will be able to join us.

写真は避難する家族の様子
(C) The Kachin Times



今日:Action Group for Kachinさんがあなたを信じています

カチンの紛争停止と住民の安全を願う有志の会 Action Group for Kachinさんは「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟: ミャンマー・カチンでの紛争を今すぐ停止してください/Stop Violence in Kachin」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Action Group for Kachinさんと150人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。