キャンペーン成功!(認証済み)

マララの願い!世界中の少女に12年間の教育を #withMalala

1,108,112人の賛同者により、成功へ導かれました!


こんにちは、2014年にノーベル平和賞を最年少の17歳で受賞したマララ・ユスフザイです。私は、女の子が学校に行くことが許されていなかったパキスタンの故郷で、それでも学びたいと学校に通い、タリバンから襲撃を受け左の額を撃ち抜かれました。この経験から、暴力によって女の子でも学校に行ける権利を奪われてはならないと考え、様々な活動を続けています。

私の勇気ある友人である、シリア出身の16歳のムズーンは、ヨルダンの難民キャンプでテントを回り、少女たちに学校に通い続けるように呼びかけています。ナイジェリア北部に住むアニマは、勉強しようとする少女たちをボコ・ハラムというテロリストたちが脅している地域で、それでも学校に通い続けようとする少女たちを励まし支えています。

世界中の6000万人以上の少女が、勉強したくてもそもそも教育を受ける場がなかったり、小さいうちに止めなくてはいけなかったりします。皆さんの力が集まれば、これを変えていけます。

この9月に、世界の指導者たちは国連の開発目標で、世界中の少女と少年に、12年間無償で、安全で、質の高い初等中等教育を実現すると約束しようとしています。これは、世界中の少女たちにとって大きな希望です。

しかし、この約束は、実現されなければ意味がありません。世界の貧しい国々の教育を支援している団体Global Partnership for Education (GPE)は、これまで世界で数百万の子供達に9年間の初等教育を整備してきました。これは大変困難なことだったでしょう。

しかし、国連で12年間の中等教育までを実現する目標を立てようとしている今、少女たちが中等教育までを完了できる機会が持てるよう、GPEにはさらに頑張ってほしいのです。

GPEのみなさん、12年間の初等中等教育を実現することを約束してください。そしてGPEを支援している世界中のパートナーである国際機関や政府、財団の皆さん、より多くの協力や寄付をお願いします。この変革が実現すれば、世界中の数百万の少女たちに大きな影響を与えることでしょう。そして、彼女たちは自分たちの夢を実現し、リーダーや、教育者や、科学者となり、社会に貢献していくでしょう。

私は毎朝、無償の初等中等教育を受けられたことに感謝して目覚めます。しかし、これは恵まれた人だけに与えられるものであってはいけないのです。世界中の少女たちにこの変革がもたらされるよう、共に声をあげていきましょう。

少女への12年の初等中等教育が実現できるよう、私たちのキャンペーンへ賛同をよろしくお願いします。

#WithMalala

マララ財団共同設立者、ノーベル平和賞受賞者
マララ・ユスフザイ



今日:Malala Yousafzaiさんがあなたを信じています

Malala Yousafzaiさんは「マララの願い!世界中の少女に12年間の教育を #withMalala」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Malala Yousafzaiさんと1,108,111人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。