Petition update

ダークソウル国内PC版復活プロジェクトより、フロム・ソフトウェアと宮崎英高様へのオープンレター

ダークソウル国内PC版復活プロジェクト Let's bring back DARK SOULS PC edition for Japan!

Aug 20, 2016 — フロム・ソフトウェア様
宮崎英高様

こんにちは。

まずは私達の署名を受け取っていただいたことに深く感謝いたします。ただ署名をお渡しするだけではこちらの意図が十分に伝わりにくいかと思いますので、僭越ながら以下にキャンペーンの主旨、具体的な貴社への要望等を説明させていただきたいと思います。長くなりますが、どうか最後まで目を通していただくようお願い申し上げます。

はじめに、ダークソウルの国内PC版にいまどんな障害が起きているのか、ユーザーの視点からみた問題点を挙げていきます。

インストールできない

ダークソウルPCパッケージ版はインストールの際にリリース日チェック認証(恐らくZDPPと呼ばれるもの)を受ける必要がありますが、認証を行うサーバーが停止しているためにこれを通過することができず、インストールを完了することができません。
何故サーバーが停止しているかというと、ダークソウルPC版が利用していたMicrosoftのサービス「Games for Windows - LIVE」(以下GFWLと表記)が、御存知の通り既にサービスを終了しているからです。
これにより正規に製品を購入したユーザーがゲームを起動することすらできないという、極めて重大な障害が起きています。
以前購入していたPC版を最近になってプレイしてみようとした人、既にインストール済みだったがPC新調などの理由で再インストールした人、続編を楽しんだ後でふと初代ダークソウルに戻ってみようと思った人…多くの正規の購入者たちが、お金を払って買った製品が起動もできないというあまりに理不尽な事態に直面しています。
ダウンロード版の所有者はまだインストールできるという情報がありますが、ダウンロード版の販売は既に終了しています。パッケージ版の場合、今でもまともにゲームを起動できるのは"GFWL終了以前にゲームをインストールしており、そのまま再インストールなどをしていないユーザー"か、"GFWL終了以前にこの障害についてよく理解しており、認証済みの実行ファイルなどのバックアップを注意深く取ってきたユーザー"ということになるでしょう。そして残念なことに、そんなユーザーはごく一部のように思われます。
この問題について貴社とマイクロソフトのサポートに何度も問い合わせをしてきましたが、何ら解決策を示していただくことはできませんでした。これほど重大な障害に対して、私達ユーザーに公式から一切のサポートがなされていない現状は非常に残念ですし、疑問を感じずにいられません。

オンライン不可

どうにかまだゲームが起動できたとしても、問題はそこで終わりません。GFWLの終了により、オンラインプレイも不可とされているからです。
貴社の公式サイトには「Games for Windows LIVEはサービスを終了したため、本作でのオンラインでのプレイはできません」とあります。調べて見た限りでは、これはどうも完全に正確な記述ではないようです。まだオンラインのアカウントにサインインできますし、マルチプレイも可能だという情報が複数寄せられています。しかしGFWL版のプレイ人口は今や非常に少なく、サービスは正式に終了しており、また問い合わせた印象として貴社もマイクロソフト社もこのゲームのオンライン要素をサポートする意思が最早ないようです。
つまりどうやら「オンラインプレイはもうサポートされません」というのが実情のようです。そしてこのゲームにとって、それは看過できない問題です。
協力プレイ、PVPといったオンライン要素はダークソウルというゲームのデザインにおいて非常に重要な役割を担っていると思います。確かにシングルプレイでも楽しめるタイトルではありますが、協力や侵入で他のプレイヤーと緩やかにつながり、一期一会の出会いを経てこそ完全に味わえるゲームとして開発されたのではなかったのでしょうか。そのオンライン要素がサポートされない今のダークソウルPC版は、起動できたとしても不完全な、どこか空っぽのゲームに思えることでしょう。特に初めてこのゲーム、シリーズに触れる人には、是非ユニークなマルチプレイ体験を味わって欲しいものです。その機会がどこからも保証されない現状はとても残念です。

海外とのサポート格差

ここまで書いてきたインストール不可、オンラインがサポートされないという問題、これはどちらもGFWLのサービス終了が根本の原因です。従って、貴社に直接責任がある問題とは言えないでしょう。この点ははっきり書いておきたいと思います。責任は全てGFWLにあるという見方もできるでしょうし、貴社がこの問題に対応する義務というものも、言ってしまえばないかもしれません。
しかし、同じゲームの海外版に対してなされた対処を知っている多くのユーザーは、日本のプレイヤーに対して公平なサポートが行われていないと感じています。
ダークソウルの海外PC版「Prepare to Die Edition」は、同じくGFWL終了という事態に直面しながら、GFWLからSteamWorksへの移行を果たすことで問題を解決しています。
GFWLが終了するようだというニュースが2013年下旬に広まると、ダークソウルを含めて多くのゲームのコミュニティが不安に包まれました。海外版のパブリッシャーであるバンダイナムコは2014年5月に反応を示してサービスの移行策を探っていると発表、同年の12月には移行を完了させました。Steamでゲームを購入していたユーザーはアップデートすることでSteamWorks版に移行することができ、Steam以外(パッケージ版)でゲームを購入していた場合はプロダクトキーをSteamに入力することで、無料でSteam版への移行が可能でした。期間限定でセーブデータと実績の持ち越しまでサポートが提供されました。
これにより海外のプレイヤー達は信頼性のないGFWLから開放され、インストール不可といった障害を回避することができました。そして今でも何の問題もなく、オンライン要素も含めてゲームを完全に楽しむことができます。
確かに貴社にこの問題に対応する義務はないのかもしれません。GFWL終了への対策がなされなかったゲームはダークソウルだけではなく、他にも多数のゲームがまだ対応のないまま放置されています。しかし、同じゲームの海外版がきちんとサポートされているのに国内版は一切の対応がない、この状況がそれほど見えにくい世の中でもありません。多くの人がそれを知っています。「なぜ国内版を同じようにサポートしてくれないのだろうか?」と思ってしまうのも、仕方がないことではないでしょうか。「なぜ日本のゲームなのに日本のプレイヤーだけが冷遇されているのか?」という思いも、さらに事態を悲しいものにしています。

販売終了とリージョンロック(おま国)

ダークソウルの国内PC版は2015年末頃に販売が終了し、現在ではパッケージ版、DL版ともに正規の取り扱いがないようです。この日本発の名作ゲームを、日本のPCゲーマーはもう普通に買うことができません。
それでも、もし私達が海外版をSteamから購入することができたなら、それで満足だという人も少なくないでしょう。しかし残念なことにそうすることはできません。御存知の通り、海外版はSteamでリージョンロックされており、日本からは購入できないようにされているからです。
よって、起動もできない国内版の代わりにせめて海外版を、という手段も許されてはいません。国内版のプロダクトキーをSteamに入力してみても、「製品コードは無効です」と返ってくるだけです。
これだけでも悲しいことですが、加えて憂鬱なのはこの影響でVPNを使用して海外版を買おうとする日本のゲーマーが数多くいることです。VPNによる偽装はSteamの規約で明確に禁止されており、最悪のケースではアカウント停止の恐れもあります。こうして多数のユーザーがVPNを使用しているとさらにSteamでの規制が不必要に厳しくなる可能性もありますし、日本のゲームを買うのに日本のゲーマーが後ろめたい手段を使わなければいけないとは甚だ残念なことです。
現時点でまともな手段で海外版を買おうとするなら、ギフトとしてトレードで手に入れるしかないようです。しかし正規のストアでゲームを購入するのに比べてギフトでの入手はより複雑かつリスキーですし、この手段もいつまで通用するか分かりません。Valve社はギフトによるリージョンロック回避についても規制を強めてきており、既に日本で有効化できない海外版のギフトも存在しています。
基本的にリージョンロック自体ゲーマー、消費者にとっては賛同しがたいやり方ですが、PC版が発売された2012年の段階ではまだその決断も理解しやすかったと言えるでしょう。当時の貴社はSteamでの展開をまだ望んでいなかったかもしれませんし、AmazonでPC版を販売していましたから、そちらで買ってほしい、あるいは言ってしまえばPS3版を買ってほしいという意向だったのかもしれません。
Steamでなくともまともに販売してくれるなら、十分にサポートしてくれるならば問題はないと思います。しかしこうなってしまった今、ユーザーにとってこのゲームのリージョンロックはとても許容できるやり方とは言えません。すぐそこにこの問題への解決策があるのに、よりによって日本からだけ届かない。そもそもリージョンロックされていたことが国内版が放置された原因のひとつなのではないか?そんなことを考えるとまことに残念です。
続編であるダークソウルⅡ、Ⅲはリージョンロックを受けず、日本から通常通りSteamでの購入が可能です。嬉しいことですが、それだけになおさら今の状況は理解しがたく、歪んで見えます。今となっては貴社もSteamでのゲーム販売に抵抗があるとは思えません。Amazonでの販売は終了していて、最早PS3版以外に競合する販売経路もないはずです。それでも今、ダークソウルのリージョンロックはどうしても必要なのでしょうか?
続編のⅡ、Ⅲで初めてソウルシリーズに触れて興味を持ち、オリジナルに触れてみたくなった。既に初代をクリアしていたが、ⅡやⅢの後でまた戻ってみようと思った。そんなプレイヤーが沢山いることと思います。しかしリージョンロックによってその道は冷たく閉ざされています。PCゲーマーだというだけで、日本のPCゲーマーだというだけで、私達はこの日本発の名作に触れることができません。それでもなお貴社がリージョンロックを続ける理由があるのでしょうか?

貴社の対応

GFWLの終了は貴社に責任があることではありませんし、プレイヤーとゲーム開発では立場も事情も違います。国内版のパブリッシャーとして貴社が十分なサポートを試みた上で、それでも問題が解決できないというのなら、最終的には仕方のない事なのでしょう。しかし申し上げにくいことですが、どうもこれまでにそのような試みが十分になされたようには見えないのです。それどころか、そんな試みはほとんど何もなされず、ただ無視されてしまったように思えてしまうのです。
この問題を知ってからサポートに何度も問い合わせをさせていただき、公式のFAQ、案内などにもなるだけ目を通してみました。しかし返ってくる返答は「GFWLが終了したため…」というものだけで、FAQや公式の案内にもまともな情報は何も見当たりませんでした。
サポートに直接メールしたり電話で連絡したりする以外に、私達が見ることができる貴社のメッセージは実質ひとつだけ、公式サイトにある「Microsoft社のGames for Windows LIVEはサービスを終了したため、本作でのオンラインでのプレイはできません。また、インストールおよび認証はできません。なお、オフラインでのプレイは継続してお遊びいただけます。」という告知だけです。問題の規模からすると非常に簡潔で、得られる情報も不十分に見える、この告知が貴社からの唯一の案内のようです。
サポートに電話で相談させていただいた際には、販売終了の意図について「本来の挙動で利用できない製品を誤って購入されることがないように、事前に販売を終了した」というお話を聞きました。これが正しいならば、販売終了が貴社のこの問題への対策だったということになるのでしょうか。確かにまともに起動できない製品を新規に販売するのは問題です。しかしそれ以前に、問題そのものへの手立ては何かなされたのでしょうか?

コミュニケーションの欠如

こうした深刻な障害が起きていることも残念ですが、悲しいのは貴社がこの件について私達とコミュニケーションを取ろうとした様子が、はっきり申し上げれば一切ないことです。海外版についてバンダイナムコからサポートが提供された後も貴社からは何の反応も発表もなく、「国内版はどうなる?」というコミュニティの不安に対して貴社は遂に沈黙を破ることがありませんでした。
販売終了についても何か公式から事前に告知があったわけではないようです。認証不可という極めて重大な障害が起きる日時を貴社は把握していたはずですから、ファイルのバックアップを取るなど、せめてもの対策を事前に伝えたりすることもできたのではないでしょうか?しかしそうした告知や案内なども何もなかったようです。
最終的にこの問題が避けがたいものだったとしたら、無言を貫くことも理解はできるやり方でしょう。しかし無言でただ販売を終了する、このやり方が本当にベストだったのでしょうか?パブリッシャーとして責任を十分に、いや最低限果たしたと言えるでしょうか?お金を払った製品が起動すらしないという問題自体ユーザーにとっては納得しがたいことですが、それが一切のコミュニケーションもなく放置された結果だとしたら、なおさら受け入れることは難しいと思います。「せめて納得のいく説明をしてほしい」という声も少なくありません。私達は貴社の声を求めています。

いまこの問題に対応する価値

今ダークソウルを普通に日本でプレイしようと思ったら、PS3版のほかにはPC版しかないはずです。PS4のさらに次世代の機種の発売が近づいているこの時期に、PC版という選択肢が消えてしまうことに私達は不安を感じます。私達はこのゲームを心から愛しています。これからも長く需要のあるゲームだと感じています。ですからこの名作に触れるための貴重な道の1つであるPCというプラットフォームを、簡単に切り捨ててほしくありません。確かに発売からこれだけ経ったゲームですから、今から爆発的に売れるということはまずないでしょう。しかしこれからもPC版が販売されていくならば、必ず需要はあるはずです。
PCで買えないならPS3を持てばいい、そう考えることもできるでしょう。しかし誰もがそんな決断を簡単に下せるほど金銭的な余裕があるわけではありませんし、PCゲーマーであることに満足しているゲーマーの大部分は、わざわざ今からPS3を購入することに前向きにはなれないでしょう。敢えて恐れずに言及すれば、PC版には非公式ながらMODによる高画質化・60FPS化が可能という独自の強みもあります。これは他のプラットフォームでは実現できないことです。
確かに日本のPCゲーマー人口は海外に比べれば少ないでしょう。国内PC版の購入者数も、コンソール版に比べれば非常に少ないのでしょう。しかし、売った以上はパブリッシャーとしてある程度公平にサポートする責任があるのではないでしょうか。お金を出して買った以上は、同程度のサポートを受ける権利があるのではないでしょうか。
ソウルシリーズにはコアなファンがいます。今年の6月には海外のredditのファンたちによって、Global Restart Dayと称して初代ダークソウルに戻ろうというイベントが催されたことをご存知でしたか?ダークソウルはそんなにすぐ忘れられてしまうゲームではありません。たった今調べた所では、Steamにおけるここ1ヶ月間の1日あたりの平均プレイ人口で、初代ダークソウルは最新作のⅢの約40%の数字を保っているようです。発売からの時間を考えれば、驚くべき数字ではないでしょうか。海外でこれほど活発なニーズがあるのなら、日本でもある程度の需要が見込めるはずではないでしょうか。

これからのために

近年の貴社の活躍は目覚ましいものです。高品質なゲームは海外からも高い評価を受けており、これからさらに世界で活躍していく貴重な日本のゲーム会社だと、大いに期待している人も多いことでしょう。ダークソウルは、他のどのゲームとも違う、本当にユニークな体験を与えてくれるポテンシャルを持っています。私達は貴社のゲームを心から愛していますし、貴社のことも深く尊敬しています。どうでもいいと思っているゲームに対して、誰がこんな行動を起こすでしょうか?
だからこそ、これからますます発展していくであろう貴社に対して、私達は余計な不安を持っていたくはありません。これからも貴社の作品に惹かれることが何度もあるでしょう。その時、サポートに関して不安を感じたくありません。疑いを持ちたくありません。
ゲームというメディアは近年、発売され消費されて終わる単なる商品というよりも、長く活発な付き合いの生じるサービスのような存在に近づいてきました。いいゲームを作るだけでなく、その後の継続的なサポート、コミュニティとの関わりかたが一層重要な時代になってきたのではないでしょうか。そういう時代に、こんな形でダークソウルのPC版が終わりを告げられるとすればとても残念なことですし、また貴社の将来のサポート、コミュニティとの関わり方について不安が生じてしまうのも無理のないことではないでしょうか。
PCゲーム業界はいま目覚ましい発展を遂げています。世界で活躍する貴社はきっとそれを日々実感しておられると思います。ゲームといえばゲーム機だった昔と比べ、特にコアゲーマー層にとってPCゲームは非常に魅力的な選択肢に成長してきています。これは海外に顕著な動きですが、国内でも比較的小規模ながらPCゲームは成長傾向にあるように見えます。日本からも多くのPCゲーマーがⅡやⅢをSteamで購入したはずです。そういう中で、ゲーマーもPCというプラットフォームへの企業のサポート姿勢を見ています。
このままダークソウルが何の対応もなく終わってしまえば、貴社のこれからのPCゲームへのサポートについて疑問を持つ人も少なくないと思われます。このキャンペーンは海外に向けても情報を発信し、小規模ながら注目と署名をいただきました。活動を知った海外ゲーマーの多くが日本のPCゲーマーの扱われ方に驚き、疑問を表明しています。貴社がこの問題に今からでも対応する姿勢を見せれば、多くの人の信頼を得ることにつながるでしょう。

具体的な解決案

このキャンペーンが訴えようとしていること、何が問題なのかということはここまででお伝えできたかと思います。では一体私達は貴社に具体的にどういった行動を求めているのでしょうか?プロジェクトが掲げる貴社への要望、解決案は以下の通りです。

「SteamWorks対応の日本語版ダークソウルを日本でもSteamで販売し(リージョンロックを解除し)、既購入者に対してはキーの入力によるSteam版への移行をサポートしてください」

つまるところ、リージョンロックを解除した上で海外と同じサポートを求めるということになります。これによって「起動できない、オフラインプレイすらできない」という深刻な問題が解決しますし、オンライン要素についてもSteamWorksなら信頼性があります。当然ですが「もうPC版をまともに買えない」という問題も解決します。日本のゲーマーが規約違反を犯してVPNを使う必要も、リスクがあって知識もいるトレードに頼る必要もなくなります。後ろめたい気持ちも不安もなく、私達は貴社のゲームを貴社の望む方法で正規に購入できるようになります。
まずは「起動不可」という問題を再優先で解決してほしいものですが、それだけで十分とは言えませんし、諸問題を解決する意向が貴社にあるのなら、結局のところSteamでの販売が一番の近道ということになるのではないでしょうか。私達が望むゲームはすぐそこに、既にSteamで販売されているのです。ただ日本から買えない、有効化できないというだけです。キーの移行などの手続きも、海外版が既に前例を作っています。どうしても、この案が全く不可能なようには見えません。先に述べたように企業と個人では立場も事情も違います。この案は私達の想像する以上に複雑で困難な手続きを要するものなのかもしれません。しかし不可能ではないはずです。必ず道はあるものと私達は信じています。

今回の提出で求めること

このキャンペーンの要望はもちろん上記の案のような形で問題を解決していただくことですが、すぐにそうすることは難しいでしょうし、そのように攻撃的に迫るつもりはありません。私達は争いを望んでいるわけではありません。あくまでこのキャンペーンを突き動かしてきたのは敵意などではなく、貴社と貴社のゲームへの深い尊敬、情熱です。とはいえ、私達はこれ以上無言で放っておかれることを望んでいるわけでもありません。ですから、今回の提出でも何らかの進捗を見たいと考えています。

・問題に対する具体的な見解、情報提供を求めます
今すぐ解決策を固めて欲しいとは言いません。しかしキャンペーンが提示する解決案への印象、実現の可能性、どんな障害があるか、他の案の提示、これからの意向など、簡潔なものでも構いませんから具体的な見解、はっきりした言葉を望みます。
リージョンロックの解除、もしくは日本語版の販売に大きな障害がありますか?バンダイナムコとの交渉が必要ですか?私達が働きかけるべき相手が他にもいるでしょうか?何か重大な誤解がありますか?私達にできることが何かないでしょうか?これらのことを調べるのに、どれくらいの時間がかかりそうですか?
私達は貴社の真摯な声を聞きたいと思っています。署名を受け取って下さったということは、既にコミュニケーションの第一歩は始まっているはずです。一度の提出で終わるプロジェクトだとは思っていません。ここから有益な対話を始め、お互いが満足できる道を探っていけたらと思います。
・可能であれば宮崎英高様からの返信をお願い致します
コミュニケーションが取れれば私達もずっと安心できるでしょうし、お互いが満足できる道がきっと見えてくることと信じます。私達は当然問題が解決されて欲しいと望んでいますが、まずは私達の思いを貴社にきちんと受け止めて欲しいとも思っています。このゲームのディレクターでもあり貴社の取締役社長でもあられる宮崎様から一言でも御返事を頂ければ、貴社が真剣にこの問題を受け止める姿勢を見せて下さったと確認することができます。宮崎様が極めて多忙な方であることは重々承知しておりますが、簡単に一筆でも頂ければ嬉しく思います。
・返答を、何らかの形で2ヶ月以内にお願い致します
私達はあくまで友好的に交渉を進めたいと考えていますが、同時に具体的な進捗を重ねていくことを望んでいます。貴社に次のステップを示して欲しいと考えています。ですから、まことに勝手ながら2ヶ月という期限を提案したいと思います。いきなり全てを解決するプランを示して欲しいとは言っていません。何らかの反応が得られ、次に繋がる何がしかの進捗があれば十分です。期限にどうしても不都合がある場合や、返答の型式について何か希望がおありの場合は、お手数ですがその旨を我々に伝えて下さい。

さいごに

これでキャンペーンの意向は十分に伝わったものと思います。
どうしても色々と文句をつけるような形になってしまい心苦しいのですが、どうかこのプロジェクトがダークソウルという作品への深い愛情、貴社への心からの尊敬から生まれたものであることは理解していただきたいと切に願います。
ダークソウルはとても特別なゲームです。多くのプレイヤーから、いくら遊んでも新たな発見がある、深みのあるゲームとして今も愛され続けています。だからこれからももっと多くの人に、日本のPCゲーマーに、この作品と出会って欲しい。その門をこんな早くに閉ざして欲しくはないのです。
私達はずっと待ってきましたし、まだ心折れることなく待っています。鐘が鳴り、再び道が開くのを待っています。再びロードランで出会える日を待っています。どうか私達の熱い思いを受け取って下さい。何卒宜しくお願いいたします。

ここまで目を通して頂き、深く感謝いたします。どうもありがとうございました。

敬具
ダークソウル国内PC版復活プロジェクト

キャンペーンページ: https://goo.gl/j2WwF7
賛同者からのコメントを是非ご覧になって下さい。
きっと私達の思いが伝わるはずです。


Keep fighting for people power!

Politicians and rich CEOs shouldn't make all the decisions. Today we ask you to help keep Change.org free and independent. Our job as a public benefit company is to help petitions like this one fight back and get heard. If everyone who saw this chipped in monthly we'd secure Change.org's future today. Help us hold the powerful to account. Can you spare a minute to become a member today?

I'll power Change with $5 monthlyPayment method

Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.