LCC航空会社の奄美大島便の運行再開を延長してほしい

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


コロナウイルスの感染が止まらない日本全国で国民の自粛生活が続いています。

ここ奄美大島でもまだ感染の拡大はないものの島民の多くは自粛ムードです。

とゆうのも島に一度感染の拡大が始まると歯止めが効かないのを島民の皆さんは理解しているからです。

しかし、ゴールデンウイークに大阪や東京からの観光客が押し寄せれば今のこの島民の自粛生活は全くの無駄に終わる可能性が大です。

緊急事態宣言の下、都市圏の多くの人はストレスを発散させたいでしょう。

そこでピーチなどの安い航空会社が運行再開すれば気分転換とゆう不要不急の理由で人々が押し寄せる可能性は大きいです。

都市圏では感染者が毎日後を立たず増え続けているにも関わらず人々は不要不急の外出を繰り返しているようです。

本来、政府が国土交通省が先を見越し日本全国の現状を把握し航空会社各社に通達するなり迅速に対応すべきでしょうが皆様もご存知の通り後手後手の繰り返しで頼りにならずマスク2枚配布するのが精一杯のようです。

繰り返します。ここ奄美大島では感染の拡大はないにも関わらず島民の多くは自粛生活をし、飲食店などは閉店もしくはテイクアウトだけの営業業態にし多くの人が集まるであろう施設は営業を停止しております。

これらの島民の努力がゴールデンウイークのたった数日の間に都市圏からの観光客によって全くの無駄になるのです。

緊急事態宣言でストレスを抱えてる都市圏の人々に訴えかけるよりも航空会社が運行再開を見送れば島に来る手段自体がなくなります。島の観光業も大きな打撃になるでしょうがこれが今後の島の為になると信じてます。

島での医療崩壊や感染爆発の可能性は都市圏のそれとは比べものになりません。一度火が付けば島は一瞬でやられます。

皆様の賛同心より祈願いたします。