宛先: 株式会社ベガスベガス

パチンコ店という劣悪な環境で、フクロウ達を見世物展示することを廃止し、適切な環境へ移してください。Save the owls imprisoned in pachinko parlors named Vegas Vegas in Japan.

パチンコベガスベガスの複数の店舗に、生きたフクロウが見世物展示されています。

私自身もしくは同志が現地確認済みである店舗は、発寒店(5羽・北海道札幌市)、狸小路二丁目店(6羽・北海道札幌市)、大谷地店(6羽・北海道札幌市)、苫小牧店(6羽・北海道苫小牧市)です。

動画をぜひ見てください。

(発寒店・2月):https://www.youtube.com/watch?v=lRsahOOz7mE

(大谷地店・5月):https://www.youtube.com/watch?v=DWNBWFsSQpI

 午前から夜までフクロウの生態リズムを無視した時間帯に、薄い防音ガラスでは到底シャットアウトできるはずもない強烈な轟音・強い照明・汚染された空気の中、プラスチックで作られた緑があるだけの狭い展示スペースに、フクロウ達は両足が短い紐で固定され、動きたくても十分に動けない状態でいます。

ここで飼育されているフクロウ達は、屋外の空気を吸うことさえ許されない自然から隔離された、まさに「監禁状態」にあります。

通常のフクロウカフェに対しても、海外からは「監獄」「可哀想」など非難の声が殺到している中、パチンコ店という劣悪環境での展示は一般のカフェ以上の動物虐待です。

平成22年に環境省から出された通達「虐待の定義」とつきあわせても十分虐待に該当する状態ですが、騒音測定やその他の客観的調査もされないまま(依頼したが拒否される)、フクロウ達が見世物展示され続けている状態にあります。

動物達にも権利があり、娯楽店の営利の為にそれが剥奪され、フクロウ達が苦しんでいる現状を放っておくことはできません。

一日も早く解放し、フクロウ達が暮らすのに適切な環境下に戻してもらうべくこのキャンペーンを立ち上げました。

多くの皆様からの署名が集まることで、きっと実現できます。どうかご協力をお願い申し上げます。

Save the owls !!

Video① https://www.youtube.com/watch?v=lRsahOOz7mE

Video② https://www.youtube.com/watch?v=DWNBWFsSQpI

Owls are displayed in Pachinko parlors named Vegas Vegas in Japan (huge amusement facility like casino).

They are in small cage where is surrounded by the roaring sound,strong illumination and polluted air.

Their both legs are shackled to the stand with chains and short strings.

We( people who defend the Animal Rights) said to Vegas Vegas to let the owls free.

At the same time, we said to the public center in charge of instruction supervision.

Regrettably, it does not work for now.

I want you to sign this petition in order to rescue these imprisoned owls.

Thank you.

 

 

 

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 株式会社ベガスベガス


    Hoshi Manami さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では34,363名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Mariさんがあなたを信じています

    Yoshida Mariさんは「パチンコ店という劣悪な環境で、フクロウ達を見世物展示することを廃止し、適切な環境へ戻してください。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Mariさんと34,362人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。