このキャンペーンは終了しました

ドーピング疑惑を内部告発したロシア元陸上代表ユリア・ステパノワ選手をリオオリンピックへ!#Stepanowa for Rio 2016!

275,586人の賛同者が集まりました


ロシアの陸上競技界によるドーピング不正疑惑を告発したのは、陸上800メートルの元ロシア代表選手ユリア・ステパノワ(Yuliya Stepanova)でした。

彼女の勇気ある行動は、スポーツの公平性、スポーツマンシップを維持するのに多大な貢献をしたはずです。

それなのに、今回IOC(国際オリンピック委員会)はステパノワ選手の2016年リオオリンピック出場を禁止する決定をしました。

勇気ある個人からの情報提供によって、決定的な過ちが明らかになることはこれまでもありました。

NSA(アメリカ国家安全保障局)の諜報活動を告発したエドワード・スノーデンもそうでした。彼は重大な事実を明らかにし、世界に貢献しました。しかし、それだけ重大な貢献をしても、告発者は必ずしも社会から守ってはもらえないのです。

IOCの行った決定は、私を大きく失望させました。

大規模かつ組織的なドーピングの証拠があったにもかかわらず、ロシアはリオオリンピックに参加できます。

それにもかかわらず、真実を伝えるためにスポーツ選手としてのキャリアを犠牲にしたステパノワ選手は参加が禁止されてしまっています。

このように、告発者が多大な犠牲を払わなければならないようでは、今後、内部告発はさらにリスクが高いものとなり、不正はますます隠されるようになってしまいます。

WADA(世界アンチ・ドーピング機構)も、この点をひどく懸念しています。

内部告発者が、犯罪を摘発するリスクによって罰せられないよう、みなさん賛同をしてください。

将来告発を考える人が、多大なリスクを恐れず正しい選択をできるように、賛同してください。

そして、歴史上最大のスキャンダルの一つを摘発した勇気に敬意を示して、中立的なオリンピック旗の下に、ユリア・ステパノワ選手の2016年リオオリンピックへの参加を認めてください。



今日:Kajさんがあなたを必要としています

Kaj Beuterさんは「ドーピング疑惑を内部告発したロシア元陸上代表ユリア・ステパノワ選手の、リオオリンピック出場禁止を取り消してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Kajさんと275,585人の賛同者と一緒に賛同しましょう。