ザインフェスタへの参加費返金を要請します

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


アーティストやクリエイターが一同に介する祭典「デザインフェスタ」

このイベントで大きな問題が発生しています。

この問題の原因は運営にあると考え、運営都合の判断によって参加を取り止めなければならなくなった参加者に対しての参加費の返金と

イベントの規約内容の見直しを行うようデザインフェスタ運営に要請すべきだと考えます。

今回参加者付加となった作品が「素材か作品か」という事は論点でありません

 

【問題点】

・申し込みの時点で申請内容が受理されている

・前年までは通常どおり参加を容認していた

・規約内容は「素材」の定義が曖昧である(運営の匙加減で変わる)

・参加者の概要について運営が事前に内容を確認していて然るべきである。参加可否は抽選という名目で事前にふるい落とすことができた。

・イベント10日前になって突然の参加不可の通知にも関わらず参加費は返金されない

 

【参加不可となった方達の中には以下のような方もいらっしゃいます】

・以前参加時に見回りのスタッフに確定したところ問題ないと言われているが今回は参加できなくなった

・申し込み前に事前に運営に確定の上、運営からの問題ないとの回答で参加申し込みしたが、後になって規約違反であることを理由に参加を拒否された

 

【なぜ事前に参加拒否ができなかったのでしょうか】

参加者は3~6万の参加費に、地方からの参加者は交通費や宿泊代をかけてこのイベントに参加します。

「自分の作品がこのイベントで販売できないものである」と明確にわかる運営の体制だったのでしょうか?

デザフェス運営は抽選という名目でふるい落とすことが可能だったはずです。

それを参加容認し、参加費を払い込ませた後に

イベント直前になって参加不可の通告というのは道理に反するものだと思います。

今回参加不可となった参加者はの参加費の返金と明確な規約の設定をデザインフェスタ運営に求めます。