悪意のある過剰通報を行うアカウントを永久凍結してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


全世界で3億を超える月間アクティブユーザーを有するtwitterはその理念をこのように記しています。

「私たちは表現の自由を信じ、すべてのユーザーが、世界に影響を与える力を持っていると考えています。」

表現の自由は言うまでもなくすべての社会的な権利の基礎となるもので民主主義社会の基盤であり、日本国憲法第21条において高度に保障されています。

ところがこの表現の自由を基盤とするツイートについて、「BAN祭り」などという子供でも言わないようなダジャレを誇らしげに掲げ、悪意を持って特定のアカウントについて過剰な通報を繰り返し行いそのアカウントの運用を停止させてしまうという者がいます。

https://twitter.com/keezay

言うまでもなくツイッターを利用するにあたって定められたルールを守るのは基本的なマナーであり、それを逸脱した場合にはペナルティーが課せられるべきです。

しかしながら、そのようなルールを逆手に取り、自分の気に入らない主張や思想を持つアカウントに対して執拗に通報を繰り返し凍結させることは、上記のツイッターの定めたルールが予測し得なかった利用形態であり、言論を力づくで封殺するということは表現の自由を認めないという態度です。

https://blog.goo.ne.jp/tenkasurounin36/e/9a6d6b184c3277b297b889f9e1908495

しかもその人物は、自分の主張と合わないアカウントに執拗に執着し、時系列をさかのぼってルール違反の可能性があるワードを調べて時間を惜しんで通報するという気持ち悪い行為を繰り返し行い、その行為をツイッター上に掲載するという自慰的な行為を定期的に行っています。

そのような態度は言論を萎縮させひいては社会を停滞させます。それについてtwitter社はこのように述べています。

「特定の人物や他の利用者を標的とした嫌がらせを禁じます。Twitterは、嫌がらせ、威圧、他者の発言に対する抑制を攻撃的な行為と見なします。」

https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/abusive-behavior

つまり、この人物が行っている行為こそツイッターの利用ルールに大きく違反しているのです。

この人物が行っている行為がマトモではない証拠に、この人物がかつて所属していた(とこの人物が勝手に思い込んでいた可能性が高い)団体は、このように述べ、この人物の異常性を指摘しています。

「去年末より、一部のゆうMUG会員についてクレームを中心とする報告が内外より相当数寄せられましたので、ゆうMUGとしてのスタンスをここに表明する事とします。

 ゆうMUGはAppleのユーザーグループであり、Apple製品とそれを取り巻くガジェットやアクセサリーについて、互いに学び楽しみ助け合うグループです。政治や宗教等のいわゆるイデオロギーに関わるグループではありません。ゆうMUGは現在当該者とは無関係である事も合わせてここに表明します。

ゆうMUGは今までと変わりなく、Apple製品を中心に、Apple尽くしの活動を続けてまいります。今後ともゆうMUGをよろしくお願いいたします。」

http://yu-mug.jp/2019/01/14/3563/#more-3563

つまり、この人物はアタマがおかしいしこんなヤツはしらんがな、と述べているのです。

このような人物のこのような行為を野放しにしていては、ツイッターの言論空間の健全性が担保されません。

ツイッター社はこの人物のアカウントの履歴を調査し速やかに凍結してください。



今日:松屋聖蹟桜ヶ丘店同好会さんがあなたを信じています

松屋聖蹟桜ヶ丘店同好会さんは「ツイッター社: 悪意のある過剰通報を行うアカウントを永久凍結してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!松屋聖蹟桜ヶ丘店同好会さんと58人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。