このキャンペーンは終了しました

『The Interview』(原題:The Interview)の日本版DVD・Blu-rayソフトのリリースを求めます。

728人の賛同者が集まりました


ジャド・アパトーの申し子としてデビューし、青春コメディの製作・脚本、主演をこなして着実にキャリアを積み重ねてきたセス・ローゲンとその友人エヴァン・ゴールドバーグの共同監督作品の第2作目、映画『The Interview』(2014)は、「―朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の指導者にインタビューを許されたゴシップ番組の司会者(演:ジェームズ・フランコ)とプロデューサー(演:セス・ローゲン)がCIAの依頼の元、その指導者の暗殺を試みる―」という風刺の混じったスパイアクションコメディです。

現在、上映中のR指定アニメ『ソーセージ・パーティー』と同様に、これまでのセス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグの人気コメディでありながら、その映画の内容よりも、あらすじの”北朝鮮”、”暗殺”というワードだけが先行し、実際に脅迫行為などの被害が発生し、アメリカでは一時期、ソニー・ピクチャーズは公開中止を発表するまでに至りました。

しかしながら、米ソニー・ピクチャーズは製作費に4,200万ドルの回収や、言論の自由の観点から一転して劇場公開とネット配信に踏み切ました。ネット配信では2014年12月24日から次年1月4日というたった2週間足らずの間に、なんと430万回以上レンタルまたは購入され、1月6日時点のトータルで3,100万ドルを売上げ、同社の映画ネット配信収入における最高記録を更新したと発表がありました。(2015年1月7日当時)

http://www.afpbb.com/articles/-/3035821

この人気を受け、最終的には限定的ながらも19ヵ国で上映があり、1,130万ドル(ネット配信を除く)の興行収入がありました。
http://www.imdb.com/title/tt2788710/releaseinfo

http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=interview2014.htm

しかし、当時の煽りを受けて日本は今も劇場公開はおろか、ソフトリリースやVOD(ビデオオンデマンド)での配信すらありません。日本のソニー・ピクチャーズに問い合わせたところ、「"The Interview"につきましては、日本での発売および配信の予定はございません。」(メールより抜粋)という残念な回答を頂きました。

たかが、コメディ、されどコメディ。私は非常に辛い時期にセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグコンビの『スーパーバッド』(2007)や『スモーキング・ハイ』(2008)といった作品に心の底から救われた経験があります。元気のない日、学校や仕事で疲れた時は緩いコメディを観るとスッキリ出来る。落ち着いて心がスッとする。嫌な事と一旦距離を置いて頭が整理される。そんな、本来ならば人を癒すはずの映画がこのような形で、日本だけ視聴を制限されてもいいのでしょうか?

もしかしたら、あなたが期待している映画だって明日には突然、『The Interview』のように日本語では、日本では観る機会を失ってしまうかもしれない。こういうことに対して、同じ想いを持っているみなさんの声を集めたくてこの署名運動を立ち上げました。最終的な目標は『The Interview』のBlu-ray、DVDのソフトリリース/レンタル及び、VODでの購入/レンタル配信を実現することです。

 「The Interviewの日本語版ソフトリリースを求める会」での直近の活動方針は以下になります。
@Barttroアカウント、Tumblrから署名とツイート拡散の呼びかけ。

映画関係の情報サイトへの告知、記事のお願い。

映画館または小売店等への署名呼びかけのフライヤーの設置

一定数の署名が集まった時点で随時日本ソニーピクチャーズへ署名を渡す

(先方が可能ならその都度訪問したい)

何分、初めてのことで、『The Interview』をみんなで笑いながら観たいという熱意しかなく、ご迷惑やご面倒をかけることもあるかもしれません。どうかご協力の程よろしくお願い致します。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

追記(2016年11月22日)

皆様にお願いがあります。

①Netflixへのリクエストについて

現在、下記のサイトで日本でストリーミングサービスを展開しているNetflixが随時作品のリクエストを取っています。Netflixに加入されている方、するつもりの方で「Netflixでもいいから"The Interview"が観たい」という方がいらしたら是非、タイトルの提案枠にThe Interviewと入れて提案を送信ボタンを押して頂ければ幸いです。※今年は日本で劇場公開されなかった良作をNetflixが買い取って独自配信するパターンが増えています。

https://help.netflix.com/ja/titlerequest

②オリジナルフライヤーについて

活動開始時から独自に作成しているオリジナルのフライヤーを設置、配布出来る場所を随時探しております。これまでは全国の映画館40館以上、映画祭、イベント、レンタルショップ、飲食店等でご協力いただいております。お勤めされている場所等で設置が出来る、または関わっているイベント等で配布が出来るということがございましたら是非、下記のメールアドレスまでご連絡願います。※用紙サイズはA4、135kgのマットコート紙で厚紙になります。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
『The Interviewの日本版ソフトリリースを求める会』

●メールアドレス(代表者)
the.interview.disc.vod.release@gmail.com
●Tumblrページ
http://theinterviewrelease.tumblr.com/
●Twitterアカウント(代表者)
https://twitter.com/barttro
●署名サイト/Change.org(短縮アドレス)
https://t.co/EKsCwbcP8g



今日:HAJIMEさんがあなたを信じています

OTSUKA HAJIMEさんは「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント: 『The Interview』(原題:The Interview)の日本版DVD・Blu-rayソフトのリリースを求めます」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!HAJIMEさんと727人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。